女性スタッフの役割と特徴

現在の閲覧ページ

トップページ > 作業員の役割 > 女性スタッフ

女性スタッフ

スポンサード リンク

引越し業者の女性スタッフは、荷物の梱包や開梱包の作業を担当します。また、場合によってはダンボールの運搬や、まれに家具の運搬をおこなうこともあります。引越し業者の作業員の中では、経験や能力の差が最も出やすい作業員です。

正社員・契約社員が中心

女性スタッフは、多くの場合は、正社員や契約社員です。経験が長く、正社員や契約社員と同等の能力を持つアルバイトの場合もあります。引越し業界は男性社会であり、女性スタッフが定着しません。このため、たいていの女性スタッフは、引越し業界に慣れて定着していて、経験も豊富であることが多いです。

ただ、繁忙期には、一般人と変わらないアルバイトや派遣社員であることもあります。女性スタッフは、男性スタッフ以上に応募が少ないため、どうしても数が足りなくなります。このため、引越しの件数全体が増える繁忙期では、引越し業者では、女性スタッフについても、経験の浅いアルバイトや派遣社員を使わざるを得ません。最悪の場合、単なる数合わせ派遣社員を使うことがあります。

基本的には仕事を知っているが…

女性スタッフの作業(特に梱包作業)は、仕事を知らなければ務まりません。この点は、単純作業をしていればいい男性スタッフとは大きくことなる点です。ですから、たいていは、正社員・契約社員・アルバイトとして、長い経験を積んでします。ただし、繁忙期のアルバイトや派遣社員は別です。

すでに述べたとおり、引越し業者は、繁忙期では、経験の浅いアルバイトや派遣社員を使わざるを得ません。ところが、女性スタッフの作業は、経験の浅いアルバイトや派遣社員には本来務まるものではありません。このため、正社員や契約社員の女性スタッフが、仕事を教えながら作業をすることになります。当然ながら、これでは作業効率が落ちますし、品質も格段に劣ります。このため、繁忙期に引越し業者に梱包作業を頼む際は、この点をよく考えてください。

主に荷物の梱包・開梱作業を担当

女性スタッフは、主におまかせプランや前日梱包プランなどでの荷物の梱包を担当します。また、おまかせプランや前日梱包後の開梱包プランでの開梱包を担当します。なお、梱包や開梱包の作業がともなわないプランでも、家電製品の梱包やハンガーケースへの衣類の梱包などを担当します。

なお、意外に思われるかもしれませんが、ダンボールなどの荷物を運んだり、トラックのドライバーを務めることすらあります。引越し業者によっては、女性スタッフのみのチーム編成をしていることがあるくらいです。ただ、このような作業ができる女性スタッフは、例外です。このため、あまり女性スタッフの力仕事は期待しないでください。

事故は少ないが梱包に注意

女性スタッフは、男性スタッフとは違って、基本的には力仕事を担当しません(一部の軽い荷物を担当することはあります)。ですから、事故は比較的少ないといえます。ただし、力仕事を担当しないということは、そのぶん、全体の作業効率が落ちる原因ともなります。

なお、女性スタッフの主な作業である梱包作業は、経験による品質の差が出やすい作業です。基本的に、正社員や契約社員は経験豊富ですので、ほとんど問題はありません。ただ、経験が浅いアルバイトや派遣社員は経験がありませんので、問題がある可能性があります。このため、特に食器以外(食器はたいていは正社員や契約社員が梱包する)の割れ物(CD・DVD・おもちゃなど)に注意してください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日