最も標準的な基本プランの特徴

現在の閲覧ページ

トップページ > 各種プランの特徴 > 基本プラン

基本プラン

スポンサード リンク

基本プランは、小型の荷物の梱包と開梱包はお客様がおこない、引越し業者はその運搬のみをおこなうプランです。特徴としては、お客様の作業負担が多い反面、最も効率的な典型的な引越しのプランです。

お客様が小物を梱包・開梱包するプラン

基本プランは、小型の荷物の梱包・開梱包など、お客様が自分でできることは自分でするプランです。このため、お客様にとっては、作業負担が多いプランであるといえます。そのぶん、おまかせプランなどと比べると、料金が安くなります。また、引越し業者としては、比較的負担が軽いプランといえます。

基本プランは、その名のとおり、引越し業者にとって最も基本的なプランですので、通常の引越しプランといえばこのプランを意味します。ですから、引越し業者としては、最も馴染みのあるプランです。そういう意味では、引越し業者は、ご依頼の件数が少なく、馴染みのないプランよりも、慣れた対応ができます。

引越し業者との役割分担が最も効率的なプラン

基本プランは、引越し業者とお客様とが、お互いにできる作業を分担します。このため、作業効率的にも、また、コストパフォーマンス的にも、最も効率的なプランのひとつといえます。このような事情があるため、引越し業者のプランの中では、最もお客様から利用されているプランです。

すでに述べたのとおり、このプランは、引越し業者にとっては馴染みのプランですので、作業効率はかなり良いプランです。作業員としても、ひととおり状況を把握して、特に綿密な打ち合わせをすることなく、すぐに作業にとりかかることができます。その意味では、「早く終わらせる」という意味でも、おすすめのプランです。

一般家庭におすすめ

基本プランは、休日や平日の夜にある程度準備ができる、一般的な家庭向けのプランです。荷物の梱包には、ある程度の慣れや経験が必要ですが、週末にまとまった時間が取れれば、よほど多くの荷物がない限り、準備そのものは1週間程度で済みます。ですから、「荷物が多すぎで基本プランでは対応できない」ということは、まずありません。

特に、お客様が専業主婦の場合は、平日に少しずつ準備ができるため、おすすめのプランです。ただし、引越しの準備にとりかかると、日常生活にかなりの支障を与えます。特に、梱包済みのダンボールの置き場所に困ることと思います。このため、あまりダラダラと時間をかけずに、一気に集中して準備するようにしてください。

小物梱包は厳重に

基本プランでは、小型の荷物の梱包はお客様がおこなうことになります。この場合、ダンボールの中身の破損のリスクは、お客様の「故意又は過失」として、原則として梱包したお客様が負担することになります(標準引越運送約款第23条第8号)。つまり、引越し業者による補償の対象となりません。このため、小型の荷物の梱包は、注意して厳重におこなってください。

特に事故が起こりやすいのが、食器(割れ物)の破損です。ですから、慣れないうちは、少しやりすぎと思うくらい、多めに食器梱包用紙を使って梱包してください。また、隙間のないように、新聞紙などを詰めて梱包してください。なお、どうしても自信がない場合は、食器の梱包だけでも引越し業者に任せるようにしてください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日