引越し業者による前日までの梱包プランの特徴

現在の閲覧ページ

トップページ > 各種プランの特徴 > 前日梱包

前日梱包

スポンサード リンク

前日梱包は、引越しの前日までに、引越し業者に荷物の梱包をおこなってもらうプランです。特徴としては、梱包に関しては最も高品質が期待できるプランです。また、現場の下見を兼ねていることもあるため、当日にイレギュラーが発生しにくいプランです。

前日以前に引越し業者に梱包してもらうプラン

前日梱包は、前日以前(多くの場合は前日)に荷物のほとんどを引越し業者に梱包してもらうプランです。梱包に関してはお客様の作業負担が最も少ない反面、料金は割高となる傾向があります。また、荷物の量が少ない場合を除いて、たいていは朝から夕方くらいまで作業時間がかかるため、意外に拘束時間が長いプランでもあります。

なお、多くの場合、このプランでの梱包作業は、ベテランの女性スタッフが担当します。この女性スタッフは、通常の引越しの作業員(場合によってはチームリーダー)の経験もあるため、梱包作業の際に、引越し当日の下見をしていきます。何か問題がある場合は、この下見の際に作業当日の担当作業員と打ち合わせをおこないます。このため、作業当日はスムーズに作業にとりかかることができます。

最も高品質な梱包が期待できるプラン

前日梱包は、当日に荷物の搬出・搬入作業をおこなわず、丸1日時間をかけて荷物の梱包だけをおこないます。また、作業自体も、梱包作業になれた女性スタッフによっておこなわれます。この点は、当日にあわただしく、しかも男性スタッフも混じって荷物を梱包するおませプランとはことなる点です。

前日梱包は、時間はかかりますが、そのぶん、荷物の梱包に関しては、最も高品質が期待できるプランです。このため、最も事故が起こりにくプランのひとつといえます。管理人は、個人的には、この前日梱包と能力が高く、経験が豊富な作業員の作業が期待できる宵積みを組み合わせたプランが、最も事故が起こりにくい引越しのプランであると考えます。

高齢者・妊婦・富裕層におすすめ

前日梱包は、引越し業者にとっては比較的負担が多いプランです。このため、人件費、作業量、作業時間等が多くなり、料金も高額となる傾向があります。特に、作業員を最低でも2日以上使うことになるため、人件費が高額となります。

この点から、このプランは、荷物が少なく、比較的自由に時間が取れ、作業の負担もできない高齢者のお客様や妊娠中のお客様におすすめです。特に、夫婦2人の場合は、荷物がかなり少ないため、意外に安く済むことがあります。また、金銭的余裕のある富裕層におすすめのプランです。ただし、一般的に、富裕層のお客様は荷物の量が多く、また、特殊な作業を必要とする荷物もあることが多いため、かなり高額な料金となることになります。

作業そのものには時間がかかる

前日梱包は、梱包の日と運搬の日が分かれます。お客様は、最低でも2日以上は拘束されます。長距離の引越しの場合は、搬出の日と搬入の日が分かれるため、さらに1日(都合3日)拘束されます。このため、拘束時間は最も長いプランであるといえます。

また、梱包の作業のほとんどは引越し業者がおこないます(下着などはお客様に梱包していただく場合があります)。ただ、その間、お客様は引越し業者に指示を出したり、引越し業者からの質問に回答したりする必要があります。このため、作業当日は、ただ黙っていればいいというわけにはいきません。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日