仮住まいへの引越しプランの特徴

現在の閲覧ページ

トップページ > 各種プランの特徴 > 仮住まい引越し

仮住まい引越し

スポンサード リンク

仮住まいへの引越しは、主に一軒家の建て替えの際に、仮住まいへ荷物を移動するプランです。特徴としては、通常の他のプランとは違って、建て替え後の新築の建物への戻り便を想定しています。

新築建て替えのためのプラン

一軒家の建て替えの際には、取り壊す旧居の荷物を、倉庫や仮住まいにすべて移動することになります。仮住まいの引越しプランは、このような建て替えの際の貸家、マンション、アパート(多くの荷物が入る広いアパートに限ります)などの仮住まいへ荷物を移動するプランです。倉庫への引越しの場合は、特に普通の引越し変わりありません。

仮住まいへの引越しのの場合は、一般的な引越しとはさまざまな点でことなります。このため、特に経験豊富な営業員に見積もりをしてもらい、経験豊富なチームリーダーに作業をしてもらう必要があります。ですから、なるべく大手の引越し業者に依頼するべきです。

戻り便を想定したプラン

このプランは、通常のプランと違って、新築の建物へ荷物を戻す引越し(いわゆる「戻り便」)を想定しなければなりません。戻り便では、普通は仮住まいの引越しで利用した業者を再度利用します。また、なるべく仮住まいへの引越しの際に担当したチームリーダーに再度担当してもらいます(もっとも、問題がある業者は無理に利用する必要はありません)。

というのも、仮住まいへの引越しと比べて、戻り便は、新築への引越しという点も含めて、大変な作業です。このため、仮住まいへの引越しの段階で、チームリーダーには荷物の量や家具の種類などを把握してもらい、戻り便の際に問題なく作業してもらう必要がありますからです。また、お客様とあらかじめコミュケーションを取っていただくことで、新築への戻り便の際にも、スムーズに作業ができるというメリットもあります。

使わない家財の梱包はそのまま

仮住まいへ荷物を搬入する場合、使わない家具は使い捨ての消費資材で梱包し、開梱包をしません。これは、戻り便の際に、家具をそのまま搬出できるようにするためです。ただし、梅雨の時期を挟む場合など、湿気やカビの対策が必要な場合は、梱包しないこともあります。

また、荷物の配置なども、戻り便の搬出を意識します。例えば、仮住まい暮らしがあまり長くない場合は、一部屋を荷物部屋にしてしまって、使わない荷物をすべて置いておくことがあります。また、衣服や食器なども、必要最低限のものだけを開梱包して使うようにします。

短期間の仮住まいの場合におすすめ

上記のように、仮住まいでの暮らしは、戻り便の関係で、ある程度は不便な暮らしとなります。仮住まいでは、荷物を多く使えば使うほど、戻り便の際の準備や作業に手間と時間を費やすことになりますが、その分、生活は便利になります。逆に、荷物を少なく使えば使うほど、戻り便の際の準備や作業に手間と時間がかかりませんが、その分、生活は不便となります。

このため、仮住まいへの引越しは、新築の建物が短期間で完成する場合におすすめです。新築に時間がかかる場合は、それだけ長時間の不便な暮らしをせざるを得なくなるため、おすすめではありません。このような場合は、せめて生活スペースを確保するためにも、倉庫等への保管も検討してください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日