新築マンションへの一斉入居プランの特徴

現在の閲覧ページ

トップページ > 各種プランの特徴 > 新築マンションの一斉入居

新築マンションの一斉入居

スポンサード リンク

新築マンションの一斉入居は、新築の分譲マンションへの入居の場合のプランです。特徴としては、日程、時間、引越し業者が拘束される反面、比較的高品質でクレーム対応もスムーズなプランです。

新築マンションの一斉搬入のプラン

新築マンションの一斉入居は、新築の分譲マンションへの入居者の一斉入居のプランです。短期間の日程に多くの引越しが集中するため、この期間は相当の混雑となります。このため、ほとんどの場合は、日程、時間、引越し業者などがあらかじめ決められています。

特に、通常の引越しと違って、荷物の搬入の時間帯を自由に決定することはできません。結果として、荷物の搬出の日時もあまり自由に決定することができません。このため、荷造りなどの準備もあわただしくなりがちです。このため、場合によっては、前日梱包や宵積みなどのサービスも検討してみてください。

指定か紹介か?

新築マンションの一斉入居では、不動産業者などから、引越し業者が指定または紹介されます。指定の場合は、基本的には指定以外の引越し業者を利用できません。紹介の場合は、他の引越し業者を利用することもできます。

指定の場合は、他の引越し業者との相見積もりができませんので、価格競争はかなり難しくなります。ただ、引越し業者としては、営業経費があまりかかりませんし、不動産業者などとの関係もあって、あまり高額な料金にはならないようです。紹介の場合は、通常の見積もりとあまり変わりません。ただし、紹介業者以外の引越し業者を利用した場合は、後述の応援はほとんど期待できません。

通常の引越しよりも時間がかかるが高品質

大規模な新築マンションの一斉入居では、エレベーターを自由に使うことができませんので、荷物の搬入は順番待ちとなります。このため、1階や2階の部屋のように階段で作業できる部屋以外の引越しでは、作業開始時間が指定されていて、作業開始まで非常に時間がかかります。また、作業終了時間も指定されるため、急いで作業を終わらせなければなりません。

このため、いざ搬入となった場合は、他のチームの応援などによって短時間で引越しが終わります。特に引越し業者が指定されている場合は、まわりには同じ会社・支店の作業員がいくらでもいますから、通常ではありえない数の応援作業員が手伝ってくれることもあります。また、新築マンションの場合は、かなり厳重にエントランス、エレベーター、通路の壁を梱包しますので、接触による事故も起こりにくいといえます。

クレームは販売会社経由で

新築マンションの一斉入居の場合に事故が発生したときに、引越し業者と直接交渉すると、通常の事故と同じような取り扱いになります。とことが、引越し業者と交渉せずに、マンションの販売を担当した不動産業者にクレームを入れて交渉すると、意外にスムーズに話が進むことがあります。

不動産業者としては、クレームが入ることで、指定や紹介した引越し業者の実力を知ることができます。この結果、事故、トラブル、問題が多いようだと、次回の新築マンションからは、別の引越し業者を指定・紹介しようとします。引越し業者としては、指定・指名から外されると、大幅な売上ダウンにつながりますので、次回以降の一斉入居で指定・紹介してもらうために、比較的穏便に済ませてくれることがあります。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日