繁忙期(ピーク)を避けて引越しをする

現在の閲覧ページ

トップページ > 高品質サービスのポイント > 繁忙期(ピーク)を避ける

繁忙期(ピーク)を避ける

スポンサード リンク

引越しには、繁忙期(ピーク)があります。時期としては、3月、4月、ゴールデンウィーク(5月の連休)、8月、9月が該当します。このうち、最も忙しいのが、3月後半です。

また、土曜日・日曜日・祝日・祭日などの休日や、大安の日などは、時期に関係なく依頼が増える傾向があります。

これら時期は引越し業者への依頼件数が増えるため、サービスの品質は著しく低下します。このため、高品質のサービスを受けるためには、繁忙期を避ける必要があります。なお、繁忙期を避けることで、結果的に料金も安くなります。

3月・4月は避ける

引越し業者への依頼件数が1年で最も増える3月・4月は、サービスの品質が低下する時期です。3月・4月は、チーム内のうち、実際に作業の経験のある作業員は多くても2人、最悪の場合は1人程度となります。しかも、新築一戸建への引越しでもない限り、正社員が含まれていないことがあります。他の作業員は、未経験者のアルバイトや派遣社員であることが多いです。

特に4月には、学校の授業が始まるため、3月の繁忙期に経験を積んだ高校生・大学生のアルバイト作業員は働くことができません。そのぶん、一般の社会人の作業員にしわ寄せがきます。また、作業員に疲れも溜まりまり、1年中で最もサービスの品質が低下します。このため、4月の引越しはなるべく避けるべきです。

なお、2014年3月の引越しについては、消費税増税と引越しも併せてご覧ください。

8月・9月は避ける

引越し業者への依頼件数が繁忙期に次いで増える8月・9月は、繁忙期の次に品質が低下する時期です。8月・9月のうち、特に夏休み期間中や9月末の土日などでは、引越し件数が多くなるため、チーム内の作業員に未経験者が増えます。もっとも、お盆の期間中は帰省などにより、意外に引越し件数自体は少なくなることもあります。

また、9月は、社会人の転勤が増えるため、3月・4月の繁忙期の次に引越し業者が忙しくなる時期です。この時期は夏休みが終わり、高校生のアルバイトが作業に参加できなくなります(大学生は10月まで夏休みがありますので、参加できますが)。このため、特に9月末(半期末)の平日の引越しは、なるべく避けるべきです。

土曜日、日曜日、祝日、祭日、連休中は避ける

土曜日、日曜日、祝日、祭日、連休中は、一年を通して引越し業者への依頼件数が多くなる日です。このような日は、引越しの件数が多いため、各現場に能力が高い作業員が分散します。このため、比較的サービスの品質が低下しがちになります。また、交通渋滞なども発生します。このため、土曜日、日曜日、祝日、祭日、連休中の引越し、特に、ゴールデンウィーク(5月の連休)の引越しは、できるだけ避けるべきです。

ただし、土曜日、日曜日、祝日、祭日、連休中は、高校・大学が休みであるため、高校生・大学生のアルバイトが作業に参加できます。しっかりと経験を積んだ高校生・大学生のアルバイトが参加した場合は、むしろ平日よりもサービスの品質が高くなることもあります。

大安は避ける

大安の日は縁起の良い日、吉日とされています。このため、昔からの慣習により、引越しの件数が増える傾向があります。引越し業者としては、なるべく多くの依頼に対応するため、能力が高い作業員を各現場に分散させます。このような事情により、比較的サービスの品質が低下しがちになります。

もうひとつの大安の引越しの依頼の特徴として、少々料金が高額であっても依頼するお客様(=高齢者・富裕層等)が多いという点があります。この点からも、値段が高くなる傾向があります。また、これらの高齢者・富裕層向けの現場は、能力が高い作業員が担当します。このため、他の現場のサービスの品質が低下しがちになります。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日