午後便・フリー便・宵積みで引越しをする

現在の閲覧ページ

トップページ > 高品質サービスのポイント > 午後便・フリー便・宵積みを利用する

午後便・フリー便・宵積みを利用する

スポンサード リンク

引越しは、時間帯によって品質が大きく左右されます。特に、朝便は品質が低い傾向があり、午後便・フリー便・宵積みは品質が高い傾向があります。このため、なるべく品質が高い時間帯を狙うべきです。

朝便はなるべく避ける

作業開始時間が午前である朝便は、最も需要が多いため、お客様からの依頼件数も多くなります。ところが、引越し業者には、限られた数しかチームリーダーが務まる能力・経験を持った作業員がいません。このため、依頼件数が多い朝便では、チームリーダーができる能力・経験を持った作業員は1人しかいないことが多いです。

また、これは他の作業員にも同じことがいえます。経験豊富なアルバイトも数が限られていますので、各現場に均等に配属されます。このため、依頼件数が多い時期の朝便では、作業員の頭数を合わせるだけの作業員が配属されていることがあります。

午後便・フリー便を意図的に狙う

作業開始時間が午後である午後便・フリー便は、朝便に比べて、件数が少なくなります。このため、朝便を終えた複数の引越し業者のチームが合流して作業することがあります。このような場合、最低でもチームリーダークラスの作業員が2人以上いることになり、朝便に比べると、作業員の能力・経験がかなり底上げされます。

また、午後便・フリー便では、状況によって、応援の作業員などが駆けつけてくれて、作業員の人数が増えることがあります。このような場合は、引越し業者の都合で人数が増えるわけですから、追加で料金が発生することはまずありません。このため、通常の値段で多くの作業員に作業してもらうことができます。

作業開始時間が遅ければ遅いほど早く高品質

引越し業者としては、遅い時間帯の引越しは、早く終わらせる必要があります。これは、遅い時間帯での作業は、作業員に残業代を支払う必要があるため、給料=人件費の負担が大きくなるからです。このため、引越し業者は、応援作業員を投入してまで、遅い時間帯の作業はなるべく終わらせようとします。

ただ、早く作業を終わらせようとすると、どうしても作業そのものが雑になります。結果として、事故の発生率も高くなる傾向があります。このため、遅い時間帯での引越しでは、作業に慣れたベテランの作業員が担当することが多いです。場合によっては、正社員などのチームリーダークラスの作業員が複数担当することがあり、高品質なサービスが期待できます。

宵積みはリーダークラスがぞろぞろ

高品質のサービスが期待できるプランとして、「宵積み」というプランがあります。このプランは、夕方から夜にかけて搬出作業をおこない、翌朝に荷物を搬入するプランです。宵積みプランでは、正社員や契約社員などのベテランの作業員が作業の中心となるため、早く、高品質なサービスが期待できます。

というのも、宵積みプランは、作業開始時間が夕方から夜となるため、一日の最後の引越しとなります。また、すでに述べたように、引越し業者としては、遅い時間帯の作業はなるべく早く終わらせようとします。このため、宵積みの作業では、その日の作業を終えたベテランの作業員が続々と応援に駆けつけることがあり、早く作業を終わらせてくれることがあります。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日