引越し業者の作業に協力する

現在の閲覧ページ

トップページ > 高品質サービスのポイント > 搬出・搬入作業に協力をする

搬出・搬入作業に協力をする

スポンサード リンク

引越しでは、どのプランであっても、すべてを引越し業者にまかせきりにすることはできません。お客様も引越し業者に協力することで、結果的には、高品質のサービスとなります。このため、高品質なサービスを受けるには、お客様による搬入・搬出作業への協力が重要となります。

なるべく整理整頓を

搬出作業では、前日までに部屋の内外をできるだけ整理整頓しておいてください。いくら荷物がダンボールに梱包されて、ある程度荷物が整理整頓されているとはいえ、雑然とした部屋での作業は、作業効率が落ちます。特に玄関までのルート(特に床)には、邪魔になるようなものは一切置かないようにしてください。なお、家具だけの引越しの場合は、整理整頓されていないと作業ができませんので、特に注意してください。

また、ダンボールの運搬の際には、引越し業者の作業員は、足元が見えなくなります。このため、足元が整理整頓されていないと、作業員の転倒の原因や荷物の落下のとなります。また、足元の荷物を踏みつけてしまうこともあります。ですから、床の整理整頓は必ずしておいてください。特に小さな子供のおもちゃなどに注意してください。

子供・ペットはよそに預けておく

作業中は、搬出・搬入作業ともに、子供やペットは現場に立ち会わせないようにします。引越し業者の作業員は、一部のやる気のない作業員を除いて、お客様には想像がつかないくらいのスピードで走りまわります。このため、子供やペットと接触したりすることがあります。

また、子供やペットは、よほど厳重に監視していないと、思わぬ行動にでます。このため、場合によっては、ケガなどの人身事故につながることもあります。ただ、お客様にも引越し作業に協力してもらわないといけないため、子供やペットの監視だけをしもらうわけにもいきません。ですから、実家、親戚、友人などに預けておくとよいでしょう。

確認・指示を求められたら的確に対応する

作業中は、搬入・搬出作業ともに、引越し業者からの確認・指示を求められます。これは、どのプランでも同じことで、たとえおまかせプランであっても、確認・指示は求められます。搬入作業では、主に家具のキズの確認を求められます。搬出作業では、主に家具・家財・ダンボールなどの引越し先・配置などの指示を求められます。

この際、これらの確認・指示に迅速・的確に対応できるかどうかによって、作業時間が左右されます。特に、搬入作業での引越し先・配置の指示に対応できないと、大幅に時間が遅れる原因となります。このため、引越し業者からの確認・指示の求めには、できるだけ迅速・的確に対応するようにします。

夫婦・カップルの意見を集約する

夫婦やカップルでの引越しの場合は、夫婦やカップルの間で意見が割れることがあります。引越し業者としては、どちらか一方の意見を聞くわけにはいきませんので、意見を集約してもらわなければなりません。ですから、なるべく事前に意見(特に家財・家具の配置)を集約しておいてください。

特に、離婚・別居の場合は、意見が集約できずに、作業中にケンカに発展することもあります。引越し業者としては、作業中にケンカされては作業ができなくなります。これは時間の無駄ですので、常に意見を集約するようにします。少なくとも、ケンカはしないようにしてください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日