午後便・フリー便・長距離混載便で引越しする

現在の閲覧ページ

トップページ > 格安料金のポイント > 午後便・フリー便・長距離混載便を利用する

午後便・フリー便・長距離混載便を利用する

スポンサード リンク

引越し業者は、効率良くお客様からのご依頼の件数をこなすため、時間とトラックの荷台のスペースの無駄を嫌います。このため、時間とスペースを引越し業者が効率良く活用できるようなプランにすることで、料金を安くすることができます。

朝便はなるべく避ける

午前中に作業が始まる朝便では、一日で終わらせたい引越しが多いことが特徴です。特に、荷物の量が多い家族での引越しや、中距離の移動が伴う引越しなど、他の時間帯ではできないものが多いです。また、長距離の引越しの荷物の搬入・搬出などもあります。このため、朝便は、お客様からのご依頼の件数が需要が多くなります。

これらのうち、特に家族の引越しの場合は、料金も高くなります。需要・料金ともに高い状態では、引越し業者との値引き交渉は難しいといえます。このため、料金を安くするためには、朝便はなるべく避けてください。特に、料金を安くするためには、休日や連休前半の引越しはできないものと考えてください。

お得な午後便・フリー便

午後便は、午後の時間帯を指定することができるプランです。引越しの依頼件数は、午前中に集中することが多いため、午後は比較的依頼件数が少なく、料金が安くなる傾向があります。ただし、時間を指定することになるため、フリー便のほうがやや料金は安くなります。

フリー便は、時間指定ができないプランです。たいていは、朝便を終え引越し業者のチームが担当することになりますので、午後に作業がおこなわれます。引越し業者にとっては、時間指定がないため、自由にチームや作業員を担当させることができます。このように、フリー便は引越し業者にとって都合の良いプランですから、料金は安いです。

格安 長距離混載便

長距離混載便は、同じ方向に引越しする他のお客様とトラックの荷台を共有するプランです。物流のサービスを兼業している場合を除いて、たいていの引越し業者は、長距離の引越しでは、荷台が空いている他の物流運送業者のトラックを使います。このような物流用のトラックは、経費削減のため、10トン以上の大型トラックであることが多く、荷台に空きが生じやすくなります。また、時期によっては、トラックそのものが空いてしまいます。長距離混載便は、この荷台の空きを利用したプランです。

長距離混載便では、他のお客様とトラックの荷台を共有することになります。このため、荷物の移動にかかる経費(高速料金・燃料代・ドライバーの人件費)を大幅に節約することができます。これらの経費は、引越し料金の大半を占めるため、この経費の節約分だけ、料金がかなり安くなります。

大手物流兼業業者の単身パックを利用する

単身パックは、大手物流兼業業者が学生や単身者向けに提供しているプランです。このプランでは、専用のボックス(カーゴ)に荷物を積み込みます。このボックスは、大型トラックに積み込みやすくできているため、他のお客様の荷物や一般の貨物などと混載することができます。このため、長距離混載便と同様に料金が安くなります。

単身パックでは、あらかじめ料金が決まっているため、不透明な見積もり金額となる心配はありません。また、容量も決まっているため、引越し業者間での比較も簡単にできます。ボックスのサイズにもよりますが、荷物が少ない単身者であれば1つ、荷物が多い単身者でも2つ程度で引越しができます。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日