荷物は自前または中古のダンボールで梱包する

現在の閲覧ページ

トップページ > 格安料金のポイント > ダンボールは自前または中古を使う

引越しのダンボールは自前または中古を使う

スポンサード リンク

ダンボールは引越しの荷造りに必要ですが、引越し業者から新品を購入する(いわゆる「無料・サービス」であっても結局同じ)と意外に高くつきます。このため、引越しの料金を安くするためには、ダンボールは新品を使うべきではありません。

引越しのダンボールは中古がベスト

ダンボールは、引越しの荷物の梱包材として非常に重要なものです。ダンボールは、単に荷物を運びやすくするためだけのものではなく、トラックに積み込みやすくするためのものでもあります。このため、サイズが統一していることと、なにより、かなりの強度がなければなりません。

ところが、新品のダンボールでそれなりの強度があるものは、料金も高めです。このため、可能であれば、引越し業者から中古のダンボールをもらうべきです。たいていは、無料でもらうことができます。引越し業者のダンボールは、強度があり、サイズもちょうどいいものが揃っていますから、料金・強度・作業効率の点で、ベストのものといえます。

自前の場合はサイズを揃える

自前でダンボールを揃える場合は、なるべく強度が強いものを揃えるのは当然ですが、そのうえで、必ずサイズを統一するよう注意してください。ダンボールのサイズが統一されていないと、引越し業者の作業員が運んでいる際にバランスが崩れることがあります。このため、サイズが不揃いのダンボールは、落下事故の原因となります。また、なによりも、トラックへの積み込みに時間がかかってしまいます。

かといって、1種類だけのサイズだと、いろいろと不便です。ですから、サイズの種類は、大小2種類か大中小3種類がいいでしょう。管理人の個人的な感覚では、大小2種類で十分だと思います。このようにダンボールのサイズを統一することで、引越し業者のドライバーによるトラックの荷台への積み込み作業の時間が大幅に短縮されます。

スーパー等のダンボールの注意点

食料品を販売しているスーパー等ではダンボールを無償で配布していることがあります。このようなダンボールは、強度の点で問題がある可能性があります。特に日用雑貨品のダンボールは、中身が軽いため、あまり強度が強くありません。このため、トラックの荷台で積み上げた場合に、ダンボールが潰れてしまうことがあります。このような点から、日用雑貨品のダンボールは、引越しの梱包材としてはおすすめできません。

他方、果物のダンボールは、かなり頑丈に造られていて、サイズも手頃です。これは、果物は水分が多くために重く、また、潰れて少しでもキズがつくと商品にならないため、ダンボールもかなり頑丈なものでないといけないからです。特にみかんのダンボールは、サイズも統一されていて、強度もしっかりしているため、引越しの梱包におすすめです。

結局高くつくことも…

自前で用意するダンボールは、強度と作業効率(トラックへの積み込み)の点で、引越し業者のダンボールよりも劣ります。特に、引越し業者のドライバーは、自社のダンボールの積み込みに慣れているため、非常に早くトラックへの積み込みができます。ところが、他のダンボールの場合はそうはいきません。特に、サイズが統一されていないダンボールの積み込みには、非常に時間がかかります。

また、自前のダンボールが潰れた場合は、お客様の「故意又は過失」として、補償の対象外となる可能性があります(標準引越運送約款第23条第8号)。このように、自前のダンボールは、事故が発生したり積み込みに時間がかかったりして、最終的には、引越し業者の新品のダンボールよりも高くつくこともあります

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日