引越し業者には最低限の作業だけを依頼する

現在の閲覧ページ

トップページ > 格安料金のポイント > 自分でできない作業だけを依頼する

自分でできない作業だけを依頼する

スポンサード リンク

引越し料金を安くするためには、作業時間・荷物(トラックのサイズと台数)・作業員の人数等を減らすことが重要です。これらを減らすために、自分でできることは自分でしたうえで、残った自分でできない作業だけを引越し業者に依頼します。

引越し業者の作業を減らす

引越しの料金は、主に作業員の数(=人件費・作業の量)、荷物の量(=トラックのサイズ・台数)、移動距離で決まります。これらを減らすことができれば、料金は安くなります。このうち、移動距離を減らすことは物理的に不可能です。また、荷物の量を減らすのも、限界があります。

このため、引越しの料金を安くするためには、なるべく引越し業者の作業を減らすことが重要となります。具体的には、自分でできる作業(=近距離での小さな荷物の運搬など)は自分でして、自分ではできない高度な技術が必要とされる作業を引越し業者に任せます。

家具・大型家財だけの引越しを検討する

引越し先が近い場合、小さな荷物は、一般的な男性の方であれば、自家用車やレンタカーでのピストン輸送で十分に運ぶことができます。特に、ダンボールで梱包している荷物は、時間さえかければ、意外に隙間なく積み込むことができます。また、距離が近い場合は、雑な積み方であっても、さほど心配する必要はありません。

ただ、タンスなどの家具や、冷蔵庫・洗濯機などの大型家電製品は、一般の方では、動かすこともままなりません。また、動かすことができたとしても、トラックに積み込むことは容易ではありません。このため、引越し業者では、これらの大型家財の引越しサービスも提供しています。荷物全部の引越しに比べて、比較的料金は安いので、検討してみてください。

2階への搬入・窓吊りのみの引越し

引越し先が近い場合、タンスなどの比較的軽い家具は、レンタカーのトラックを使って、家族・知人などの複数の男性の協力で、一般の方でも引越しすることはできます。ただ、これは搬入・搬出が1階である場合に限った話で、搬入・搬出のいずれかが2階以上の場合は、やはり引越し業者を利用するほうがいいでしょう。

引越し業者では、2階以上への家具・大型家財の搬入や窓吊り作業だけでも受け付けています。このため、自分たちではできない2階の作業や窓吊りの作業だけを引越し業者に依頼することで、料金を安く抑えることができます。なお、最近の冷蔵庫(単身のものを除く)や洗濯機は、高性能化しているため、非常に重くできています。これらは、1階の作業であっても、引越し業者に任せるべきです。

状況によっては断られる場合も…

荷物が少ない作業は、引越し業者にとっては、売上が少ないご依頼です。また、家具や大型家電製品の引越し、窓吊り作業、2階での作業は、事故率が高く、引越し業者としては、リスクが高いばかりであまり魅力的ではありません。

このため、業者としては、実際はあまりご依頼を受けたくないというのが本音です。ですから、他のお客様からのご依頼が多い繁忙期では、状況によっては、断られることがあります。ですから、比較的の依頼件数が少ない閑散期を狙って見積もりを取ってみてください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日