なるべく荷物を減らして引越しをする

現在の閲覧ページ

トップページ > 格安料金のポイント > 荷物を減らす

荷物を減らす

スポンサード リンク

引越しの料金を安くする最も手軽な方法は、荷物を減らすことです。荷物の減らし方は、処分、売却、買い替えなどがあります。これらを活用することで、料金を安くすることができます。

不要な家財を処分する

引越し荷物を減らす最も簡単な方法は、不要な家財を処分することです。引越しは、不要な家財を処分するいい機会です。何年も着ていない洋服、もう読まなくなった本、賞味期限が切れた食品・調味料などは、処分を検討してください。CDやビデオなども、パソコンやHDDなどに保存することで、処分することができます。

また、老朽化が進んだ家具なども処分を検討してみてください。最近では、家具付きの建物やウォークインクローゼットが付いている建物もあるため、洋服ダンス(ワードローブ)などは必要なくなりつつあります。特に新築の物件に引越しする場合は、思い切って処分することも検討してください。

引越しの見積もりの際に家財の処分を検討

引越し業者によっては、有料で不用品の引取りをおこなっていることがあります。特に、大手の業者は、ほとんどが対応しています。家財の処分は、意外に面倒なものですから、自分で処分するよりは、お金を払ってでも引越し業者に処分してもらったほうが結果として手間がかかりません。

また、大型の家具・家電製品は、下手に運んでもらうよりも処分したほうが安くつくこともあります。なお、処分するものがひとつやふたつではあまりメリットはありません。というのも、ひとつやふたつの処分では、地方自治体に処分してもらったほうが安くつきます。ただし、たくさん処分する場合は、意外に安くつくこともあります。ですから、見積もりの際には検討してみてください。

リサイクルショップを活用する

まだ使える家財などは、処分せずにリサイクルショップに売却することも検討してみてください。家具や大型の家電製品は、たいていのリサイクルショップで出張買取をしてくれます。また、CDや書籍も、量が多ければ、出張買取に対応してくれます。

これらのリサイクルショップを活用すると、意外に高値で売れて料金の足しになることもあります。特に家具の場合は、家電製品と違って頻繁に買い換えることがありませんので、中古品の数が少なく、思ったよりも高く売れることがあります。逆にこれらのリサイクルショップを活用せずに処分しようとすると、バカにならない処分費用がかかってしまいます。

大型家電製品は買い替えのほうがお得な場合も

引越しの際に、老朽化が進んだ大型家電製品(冷蔵庫・洗濯機など)は、処分して買い換えたほうがお得な場合があります。大型家電製品は、処分する際にリサイクル料がかかるため、買い替えを躊躇するお客様もいらっしゃいます。しかしながら、減税や補助金の対象となることもありますし、電気代が安くなることもありますので、総合的に検討してみてください。

また、引越し業者の中には、大型家電製品の引取りや販売をおこなっているところもあります。値段的には、大手家電量販店に比べるとどうしても見劣りしますが、運送費や設置の費用を考えると、それほど変わりありません。また、引越し業者は家電製品の運搬のプロですので、事故の発生率も低いです。このため、一般の家電量販店で購入するよりもお得なことがあります。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日