引越しの荷造りについての注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > 当日までの準備 > 荷造りをする

荷造りをする

スポンサード リンク

引越しの準備のうち、最も時間がかかる作業は、荷造りです。また、荷造りは、荷物の破損を防ぐ重要な作業です。ですから、効率良く、かつ厳重に荷造りをしなければなりません。なお、個々の荷物の荷造りについては、荷造り・梱包をご覧ください。

どこまで荷造りするのかを確認する

荷造りは、プランによって、どこまでするのかが違います。このため引越し業者の営業員とはよく打ち合わせをして、しなければいけない荷造り、しなくてもいい荷造り、してはいけない荷造りなどをよく確認しておいてください。特にお客様と引越し業者とで作業を分担する基本プランでは、この点を必ず確認しておいてください。

当日作業する引越し業者の作業員として、最も困ることのひとつが、荷造りができていないことです。引越し作業は、ダンボールに梱包された荷物の搬出から始まります。つまり、荷造りができていないと、作業を始めることができません。このため、お客様がしなければならない梱包については、間違いなく終わらせるようにしてください。

荷造りの段取り

荷造りは、なるべく奥の部屋や普段使わない部屋から手をつけてください。玄関に近い部屋から手をつけてしまうと、梱包された荷物が廊下に溢れてしまって、日常生活に支障が出ることもあります。また、ひと部屋ずつ梱包するようにしてください。そうしないと、ダンボールへの記入などで混乱することがあります。

また、普段使わないものから梱包してください。普段使わないものは、早めに梱包しても、特に生活には支障が出ません。逆に、よく使うもの、搬入先ですぐ使うものは、なるべく最後に梱包してください。なお、これらのものは、搬入先でもすぐに使うことができるように、ダンボールに注意書きをして、引越し業者のチームリーダーや作業員にもその旨を伝えておいてください。

ダンボールに入る荷物はなるべく梱包

ダンボールに入るサイズの荷物は、なるべく梱包してください。荷物をトラックに積み込む際、重ねることができない小型の荷物は、非常に積みにくいものです。なるべくトラックのドライバーが積みやすいように、ダンボールに入れて梱包してください。

ただし、固定電話、パソコン、電子ジャー(炊飯器)、ポット、ゲーム機などの小型の家電製品については、引越し業者によっては、作業員が梱包してくれる場合があります。これらの梱包は、気泡緩衝材(エアーキャップ)を利用して、故障しないように梱包する必要があります。このため、なるべく引越し業者の作業員に任せるべきです。

ラップ・袋等で梱包しない

まれに小型の荷物(特に本)をラップや袋で梱包するお客様がいらっしゃいます。このような梱包では、トラックの荷台で積み重ねることができません。荷物を積み重ねることができないと、荷崩れや事故が発生することがあります。このため、引越し業者のドライバーにとっては、非常に迷惑です。

引越しの荷物は、ダンボールでの梱包が鉄則です。ラップや袋で梱包してもいいものは、せいぜい、ダンボールに収まらないぬいぐるみくらいのものです。ダンボールに収まらない荷物以外は、できるだけダンボールで梱包してください。また、どのように梱包したらいいかわからないものは、電話などで気軽に引越し業者に相談してください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日