引越しでの食料品・調味料等の準備のポイント

現在の閲覧ページ

トップページ > 当日までの準備 > 食料品・調味料等は使い切る

食料品・調味料等は使い切る

スポンサード リンク

食料品・調味料は、梱包に手間がかかり、しかも破損や液漏れ等の原因となります。また、特に高価なものではありませんので、時間と手間と料金をかけてまで運ぶ必要のあるものではありません。このため、よほどの場合を除いて、使い切るようにしてください。

意外に梱包に時間がかかる

食料品・調味料は、一部の梱包しやすいもの(乾物など)を除いて、意外に梱包に時間がかかります。特に、ガラスのビンや陶器の入れ物に入った調味料は、割れないように梱包しなければなりません。このため、非常に手間と時間がかかります。

食料品・調味料の梱包は、衝撃、匂い、液漏れなどの対応のため、複数の資材で梱包しなければなりません。また、ダンボールの中の配置にも気をつけなければなりません。このため、ある意味では、食器以上に梱包が難しい荷物=最も梱包に手間や時間がかかるものであるといえます。

ビン・液体は割れ・液漏れの原因

ガラスのビンや陶器などの割れ物に入っている液体の調味料や飲料などは、厳重に梱包しなければ、割れる可能性があります。これらが割れた場合、それ自体も問題ですが、ダンボールから液漏れした液体によって、他の荷物も汚れてしまうことになります。

実は、割れ物の中でも最も割れやすいもののひとつが、液体が入っている容器です。これは、液体が入っているために、容器全体が非常に重くなってしまって、結果として少しの衝撃で割れてしまうからです。特に、100円ショップなどで買った容器などは、コスト削減により品質があまりよくなく、非常に割れやすいことがありますので、注意してください。

冷凍食品は運んでもらえない

たいていの引越し業者は、冷凍食品は運んでくれません。これは、移動中に溶けることによって、他の荷物が汚れることがあるからです。また、夏の時期の引越しの場合は、長時間の移動によって、荷物が溶けるだけでなく、腐ってしまうことがあるからです。

このため、なるべく冷凍食品は食べ切ってください。どうしても食べ切れない場合は、クーラボックスと氷やドライアイスを用意して、ご自身で運んでください。ただ、冷凍食品は意外に重いため、想像以上に運びにくい場合がありますので、注意してください。

食料品・調味料は新居で買い換える

このように、特に調味料の梱包などは、手間と時間がかかるだけで、明らかに時間の労力と無駄です。また、荷物としても余計なスペースを取ってしまいます。ですから、食料品・調味料は、新居での新生活の意味も込めて、ぜひ搬入先で新しいものに買い換えてください。

なお、使いかけの食料品・調味料は、もったいないかもしれませんが、処分することも検討してください。また、賞味期限が切れていない新品の食料品・調味料については、ご近所の方に差し上げてもいいでしょう。いずれにせよ、なるべく食料品・調味料は計画的に減らすようにしてください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日