引越しでのゴミ・家財の処分のポイント

現在の閲覧ページ

トップページ > 当日までの準備 > ゴミ・家財の処分

ゴミ・家財の処分

スポンサード リンク

引越しの際に意外と忘れがちなのが、ゴミの処分です。忙しい準備に追われて、気がついたら引越し作業当日になってしまい、ゴミを出していない、ということにならないよう、注意してください。

燃えるゴミ・燃えないゴミ・資源ゴミ等

燃えるゴミ・燃えないゴミ・資源ゴミ等は、それぞれの地方自治体の回収日をよく把握して、計画的に処分してください。また、引越し作業当日が近づいたら、なるべくゴミを出さない生活を心がけてください。ただし、新聞は利用することもありますので、残しておいてください。

なお、引越し業者は、ゴミは運んでくれません(標準引越運送約款第4条第2項)。これは、荷物を汚す可能性があるからです(特に生ゴミなど)。ですから、引越し作業当日は、多くのゴミが出ないように、計画的にゴミを処分してください。

家電製品

家電製品については、燃えないゴミとして処分できる場合は、それぞれの自治体の回収日に忘れずに出してください。家電製品の場合は、処分を忘れたとしても、引越し業者に荷物として運んでもらうことはできます。しかしながら、無駄なスペースとなりますので、忘れずに処分してください。

なお、いわゆるリサイクル4品目(エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機)は、一般のゴミとは違うスケジュールとなる可能性があります。また、パソコンは、原則としてメーカーが引きとっていますので、自治体では処分してくれません。これらの処分は、一般のゴミとは違って手続きが必要となりますので、早めに手をつけてください。

粗大ゴミ・家具

粗大ゴミや家具は、自治体によって、処分の方法がことなります。自治体によっては、一般のゴミの回収日には回収してくれない場合があります。粗大ゴミや家具を処分し忘れた場合、トラックの荷台のスペースの関係上、引越し業者には運んでもらえない可能性がありますでの、確実に処分しておく必要があります。

また、粗大ゴミや家具の処分には、手続きや時間がかかることがあります。このため、引越し作業当日の直前に自治体に申し込んでも、間に合わない可能性もあります。このようなことがないように、なるべく早くそれぞれの自治体に確認して、引越し作業当日に間に合うように処分してください。

不用品の引取りサービスやリサイクルも検討する

引越し業者によっては、有料で不用品の引取りサービスをおこなっている業者もあります(ただし、料金は地方自治体よりも高い傾向があります)。特にリサイクル4品目や粗大ごみ・家具など、運ぶ手間がかかるものについては、手間が省けて便利です。ただし、生ゴミは引きとってもらえませんので、注意してください。また、人形や仏具などについても、引きとってもらえません。

また、中古品買い取り業者への売却・リサイクルも検討してみてください。状態のよい本・レコード・CD・DVD・ゲームソフト・家具・家電製品などは、高く買い取ってもらえる可能性があります。このような買い取り業者は、量にもよりますが、出張買い取りなどをおこなってくれることもあるため、自分で運ぶ必要がなく、非常に便利です。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日