引越しでのタンス・家具の準備のポイント

現在の閲覧ページ

トップページ > 当日までの準備 > タンス・家具の中身は空にする

タンス・家具の中身は空にする

スポンサード リンク

タンスや家具の中身は、中身をすべて梱包して、必ず空の状態にしておいてください。タンス・家具の中身を梱包せずにそのままにしておくと、タンス・家具の中身、タンス本体、壁・床の破損につながる可能性があります。

なお、洋服・布製品が入ったタンス・家具については、中身を入れたまま運ぶことができる場合もあります。ただし、この場合であっても、必ず見積りの段階で営業員に確認を取ってください。

タンス・家具の中身はすべて梱包する

タンスや家具は、それ自体がかなりの重量となります。洋服や布製品などはひとつひとつは非常に軽いですが、タンスに詰まっている状態だと、意外に重くなるものです。ましてや、本・CD・DVD・食器などが入っている状態では、あまりにも重いため、そのままにして運ぶなど、論外です。

また、中身が入った状態だと、非常に運びづらくなります。タンスや家具は、よほど小さいものを除いて、階段、廊下、ドア、玄関、エレベータなどで、横に倒したり立てたりを繰り返して運びます。このため、中に割れ物などが入っていると割れる可能性があります。ですから、中身はすべて出して梱包してください。

ハンガーケース等を活用する

洋服ダンス(ワードローブ)・パイプハンガー・ウォークインクローゼットにかかっているもののように、ハンガーに掛かっている洋服(スーツ・ドレス・コートなど)は、専用の縦に長いハンガーケースを利用することができます。このハンガーケースで梱包することで、スーツやドレスなどは、折りたたまずに梱包できます。

また、このハンガーケースは、下の方にスペースができることがあります。特にスーツを梱包した場合は、それほど長くないため、意外に余分なスペースができることがあります。このような余分なスペースには、ベルトやバッグ(型崩れに注意してください)、ネクタイ(シワに注意してください)などの小物やぬいぐるみなどを併せて梱包してください。

中身入りのタンス

洋服や布製品だけが入っている整理ダンス・チェスト・押入れダンスなどは、容量によっては比較的軽いため、中身入りで運ぶことができる場合があります。中身入りで運ぶと、タンスの中身の梱包や開梱包の手間が省けますので、結果的には非常に楽です。引越し業者の作業員としても、タンスと洋服のダンボールを分けて運ぶ必要がないため、本来であれば、歓迎したいところではあります。

ただ、中身入りでタンスを運ぶと、タンスがゆがむことがあります。最悪の場合は、経年劣化によって、タンスが分解してバラバラになってしまうことさえあります。また、実際に持ってみると非常に重く、能力や経験が不足している作業員が運ぶと、事故の原因となることもあります。このため、必ず営業員に見積もりの段階で確認を取っておいてください。

貴重品は必ず手荷物か自分で運ぶ

お客様の中には、タンス・家具の中に貴重品を入れていることがあるかもれません。この中には、引越し業者が運んでくれないもの(現金、有価証券、宝石貴金属、預金通帳、キャッシュカード、印鑑等)(標準引越運送約款第4条第2項第1号)もあります。このような貴重品は、梱包せずに、手荷物として運ぶか、ご自身の責任で運んでください。

というのも、これらの貴重品は、引越し業者には運んでもらえません(標準引越運送約款第4条第2項第1号)。また、これらの貴重品は、引越し業者が貴重品であると知らずに運んだ場合は、補償の対象外となることがあります(標準引越運送約款第24条第1項)。このため、空だと思っていたタンスに貴重品があった場合に、その貴重品が損壊・滅失してしまったときは、補償してもらえない可能性があります。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日