引越しでの分解できる家具の準備のポイント

現在の閲覧ページ

トップページ > 当日までの準備 > 分解できる家具について

分解できる家具について

スポンサード リンク

洋ダンス(ワードローブ)、和ダンス、食器棚、学習机、ベッド、本棚、スチールラック(メタルラック)、カラーボックスなど、分解できる家具は、基本的にはそのままにしておいてください。たいていの場合は、引越し業者が分解・組み立てをしてくれます。

引越し業者はたいての家具を分解できる

引越し業者の作業員は、普通の家具であれば、分解できます。チームの中には、最低でも1人は家具を分解する工具を持っている作業員(たいていはチームリーダーかドライバー)がいて、家具を分解・組み立てしてくれます。このため、基本的には、お客様が家具を分解する必要はありません。

なお、お客様の自作の家具、オーダーメイドの家具、アンティークの家具については、引越し業者でも対応できない場合があります。このため、このような家具がある場合は、見積もりの際に、必ず引越し業者の営業員にその旨を伝えてください。後で伝えた場合は、引越し業者とトラブルになる可能性もあります。

引越し業者によって対応はさまざま

引越し業者によっては、一部の家具の分解・組み立てを有料としているところもあるようです。また、お客様が分解した場合は、料金が安くなる場合もあります。このため、家具の分解については、見積もりの際に必ず業者の営業員に確認しておいてください。

なお、家具を分解して料金が安くなることは、実際はあまりありません。例えば、スチールラック(メタルラック)を分解するとスペースの省略になることがあります。ただ、スチールラック(メタルラック)は、分解しなくても、棚の位置に荷物を載せることができます。このため、実際はあまりスペースの省略にはなりません。

分解された家具は組み立てることができない

たまにお客様が好意で家具を分解してくださる場合があります。このような場合は、一般的には、引越し業者は、組み立てをしてくれません。というのも、引越し業者としては、分解していない家具は、組み立ての手順がわからず、組み立てることが難しいからです。

なお、カラーボックスのように、通常は分解せずに運ぶ家具については、引越し業者は、組み立ての手順がわかっていたとしても、対応してくれません。というのも、引越し業者が家具の分解をするのは、荷物の搬出・搬入と運搬のためにおこなうのであって、家具の分解・組み立てそのものをサービスとしておこなっているわけではないからです。

家具・床のキズやネジ山に注意

引越し業者による作業の場合であっても、お客様による作業の場合であっても、家具の分解・組み立ての際には、家具そのものや、設置場所の床のキズに特に注意してください。意外とドライバーなどの工具をうっかり落としてしまって、キズになることがあります。

また、特に古い家具については、ネジ山に注意してください。ネジが古くて錆びている場合、ドライバーのサイズが合っていないと、ネジ山が潰れてしまうことがあります。こうなると、ドライバーでは外せなくなってしまいます。ネジが固くて回せないような場合は、引越し業者にまかせてしまってください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日