引越し当日までに引越し先を決める

現在の閲覧ページ

トップページ > 当日までの準備 > 家具・ダンボールの搬入先を決める

家具・ダンボールの搬入先を決める

スポンサード リンク

引越し当日のお客様の最も重要な役割は、搬入先での荷物の配置の指示です。ある意味では、作業の時間を左右する最大の要因ともなりえます。ですから、できるだけすべての引越し先・配置をあらかじめ決めておいてください。

搬入先の未決定は搬入作業の遅れの原因

搬入先への荷物の搬入は、搬出の作業とは違って、流れ作業となります。ですから、引越し先や配置が決まっていないと、作業がストップしてしまいます。これは、搬入作業が遅れる最大の原因のひとつです。

実際の搬入作業では、家具や大型家電製品の搬入から作業が始まします。このため、引越し業者の作業員は、搬入作業の開始に先立って、これらの荷物の配置を聞きます。また、ダンボール等の小物の搬入作業の際には、お客様に玄関先で搬入の指示をしてもらいます。

見取り図を用意する

引越し業者が搬入先で作業をスムーズにおこなうために、できるだけ部屋の見取り図を用意しておいてください。これは、荷物の搬入の指示以外でも、お客様と引越し業者との部屋の認識を一致させる意味でも非常に便利です。また、搬入先での荷物の配置の指示が面倒な場合は、見取り図に家具やダンボールの配置を記入しておいてください。

なお、見取り図は、複数枚用意しておいてください。1枚しかないと、結局その1枚に全員の目が集中するため、あまり意味がありません。なるべく、お客様ご自身がお持ちになるもの、玄関に貼りつけておくもの、引越し業者の作業員全員のものを用意しておいてください。また、部屋には、それぞれ「A、B、C」や「1、2、3」などで記号をつけておいてください。なお、方角で部屋を指示されててもわかりにくいので、注意してください。

家具の配置を決める

搬入先では、引越し業者のチームリーダーから、最初に家具と大型家電製品の配置を聞かれます。この際、家具や大型家電製品の配置が決まっていないと、引越し業者としては、作業ができません。ですから、家具や大型家電製品の配置は、必ず決めておいてください。

また、この際、壁や隣の家具との距離も決めておいてください。壁や隣の家具との距離については、隙間なく配置するか、隙間を空けて配置するかによって、それぞれメリット・デメリットがあります。ホコリ・湿気のたまりやすさ、掃除のしやすさ、ゴキブリなどの害虫駆除のしやすさ、(冷蔵庫の場合の)家電製品の放熱などを考慮して決めておいてください。

衣装ケース・ダンボールの搬入先を決める

家具の搬入と配置が終わった後は、衣装ケースやダンボールの搬入となります。この際、お客様には、玄関先ですべての衣装ケース・ダンボールの搬入の指示をしてもらいます。ですから、すべての衣装ケース・ダンボールについての搬入先を決めておいてください。

このお客様からの指示が的確・迅速におこなわれるかどうかが、搬入作業が早くおわるかどうかにかかってきます。この指示が遅くなると、搬入作業が非常に遅くなります。このため、衣装ケース・ダンボールの搬入先はすべて決めておいてください。特にダンボールについては、ダンボールの上と横にどの部屋に搬入するのかを記入しておいてください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日