ゴールデンウィーク(5月の連休)の引越しの注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > 季節ごとの注意点 > ゴールデンウィーク(5月の連休)

ゴールデンウィーク(5月の連休)

スポンサード リンク

ゴールデンウィーク(5月の連休)は、春の繁忙期に引越しを控えていたお客様による需要が高まる時期です。また、特に交通渋滞によって、大幅に作業が遅くなることがあります。

ゴールデンウィーク(5月の連休)は件数が多く値段も高い

ゴールデンウィーク(5月の連休)は、繁忙期の学生の入学・卒業、転勤(単身・家族)の引越しが一段落し、この時期に引越し業者へのご依頼を控えていたお客様(新築など)による引越しの需要が高まる時期です。このため、件数が多く、また、家族によるご依頼が多いため、値段も高めの傾向が続きます。

なお、ゴールデンウィーク(5月の連休)の時期は、天候が比較的安定しているため、少なくとも天気を理由とした大きな事故は発生しません。また、お客様にとっては、気温も温暖で、作業中も特に気にすることなく指示が出せます。ただし、引越し業者の作業員にとっては、汗ばむ陽気となることもありますので、汗による荷物のシミ(特に桐製の箱、桐ダンス、革製のソファーなど)に注意してください。

1~2週ずらすことも検討する

ゴールデンウィーク(5月の連休)では、最終日を除いて、かなりお客様からのご依頼件数が多くなります。ただ、ゴールデンウィーク(5月の連休)が明けると6月にかけて、急速に件数は縮小していきます。このため、1~2週、場合によって1ヶ月程度、日程をずらすことも検討してみてください。

なお、6月は、件数が少なく、料金も安めですが、梅雨の時期でもあります。引越しの作業にとって、雨は大敵です。このため、濡れたら困る荷物、特に桐製の箱、桐ダンス、和服、革製のソファー、家電製品などが多いお客様の場合は、少々無理をしても、ゴールデンウィーク(5月の連休)中、遅くとも5月中に引越しを済ませるようにしてください。

作業員の質が安定する時期

ゴールデンウィーク(5月の連休)では、春の繁忙期を乗り越えた作業員による作業がおこなわれます。このため、作業員のサービスの質が最も安定し、高品質のサービスが期待できる時期でもあります。ただし、その作業員の数を上回る件数のご依頼があることもありますので、注意してください。

なお、ゴールデンウィーク(5月の連休)は、引越し業者の新入社員も現場で作業するようになります。一般的な引越し業者では、4月に入社した新入社員は、いきなり現場で働かせます。このため、ある程度は経験を積んでいますが、せいぜい1ヶ月程度しか作業していないので、たかが知れています。このため、正社員といえども、あまりにも若い正社員には注意してください。

ゴールデンウィーク(5月の連休)の交通渋滞に注意

ゴールデンウィーク(5月の連休)は、春の行楽シーズンでもあります。初日や最終日は、特に高速道路では、交通渋滞で思うようにトラックが進まないこともありえます。このため、通常の時期にくらべて、引越し業者の移動時間がかなりかかります。

また、お客様ご自身が高速道路を利用して自家用車で移動される場合は、お客様の移動にもかなり時間がかかります。思わぬ渋滞に捕まってしまって、引越し業者よりも後に搬入現場に着いてしまうと、非常に時間の無駄となります。このため、時間に余裕のある計画を立ててください。また、特に理由がない限り、ゴールデンウィーク(5月の連休)中の移動は、電車にするといいでしょう。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日