単身・一人暮らしの基本プランの注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > 単身・一人暮らしの引越し > 通常の基本プランを利用

通常の基本プランを利用

スポンサード リンク

単身・一人暮らしの引越しでは、通常の基本プランを利用することができます。単身・一人暮らしで基本プランを利用する場合、どうしても料金は割高になる傾向があります。このため、引越し業者の営業員と上手く交渉したうえで利用する必要があります。

料金は割高

単身・一人暮らしで通常の基本プランを利用する場合、料金が割り高になる傾向があります。引越しの料金は、基本的には、作業員の人件費、トラックのサイズ、荷物の量、高速料金などの必要経費によって決まってきます。このうち、単身・一人暮らしの引越しの場合、作業員やトラックのサイズに無駄がとなってしまうことが多いため、結果的に、料金が割り高になってしまいます。

具体的には、他の引越しの場合とは違って、単身・一人暮らしの引越しは、作業員1人当たりの作業量(荷物の量)が少ないため、人件費が無駄になります。逆にいえば、後述のとおり、作業員を減らすことで、料金を安くすることもできます。また、単身・一人暮らしの引越しは、後述のとおり、通常の引越し業者が使っているトラックのうち、最も小さい容量・サイズの1.5トン トラックを使ったとしても、容量が無駄になります。

荷物は十分に運べる

基本プランでは、引越し業者は、10㎡の容量・サイズの1.5トン トラックを使います。たいていの単身・一人暮らしの荷物の量は、せいぜい2㎡~5㎡程度のです。このため、たいていの単身・一人暮らしの荷物であれば、十分に運ぶことができます。ただし、すでに述べたとおり、トラックのスペースが無駄になることがあります。

なお、トラックのスペースをムダにしたくないのであれば、軽貨物専用の引越し業者の利用も考えられます。軽貨物専用の引越し業者は、軽トラックを使っています。軽トラックは、5㎡の容量・サイズですので、たいてい単身・一人暮らしの荷物であれば、ちょうど運ぶことができます。このため、かなり料金が割安になります。ただし、これはこれで別の問題があります。

「作業員1人」を交渉する

単身・一人暮らしの荷物は、ほとんどの場合、引越し業者の作業員1人で運ぶことができます。たとえ1.5トン トラックに満載の荷物(10㎡)であっても、1人前の引越し業者の作業員であれば、問題なく運ぶことができます。ただし、たいていの引越し業者は、単身・一人暮らしであっても、作業員を2人配属したがります。これは、単身・一人暮らしの荷物であっても、1人で運ぶことができない荷物があるからです。

具体的には、ドラム式・乾燥機つきの洗濯機や、3ドア以上の冷蔵庫などが考えられます。これらの荷物は、いかにプロの引越し業者の作業員であっても、まず1人で運ぶことはできません。ただ、これらの荷物は、お客様が手伝うことによって、引越し業者の作業員が1人でも運ぶことができます。ちなみに、単純な全自動の洗濯機や2ドアの冷蔵庫などは、作業員1人でも十分に運ぶことができます。このため、見積もりの際には、引越し業者の営業員とは、作業員を1人にすることを交渉してみてください。

繁忙期には断られる場合も

繁忙期の場合、単身・一人暮らし用の1.5トン トラックは、4トン以上の中型・大型トラックの補助車両として使われます。特に大手の引越し業者では、引越し件数が非常に増えますので、単身・一人暮らしの引越しに1.5トン トラックを配車している余裕がありません。ですから、場合によっては、通常のプランの利用による単身・一人暮らしのお客様によるご利用は、断られる場合があります。

なお、引越し業者そのものの方針や、支店・営業所の方針によっては、繁忙期でも単身・一人暮らしのお客様のご利用を断らずに引き受けてくれることもあります。ただし、この場合、信じがたいことかもしれませんが、作業自体は、引越し作業を専業としない軽貨物配送業者に丸投げされることがあります。このため、お客様が大手業者のブランドや評判を信用して利用した場合、その信用を裏切られてしまうような結果になる可能性もあります。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日