単身パックの注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > 単身・一人暮らしの引越し > 単身パックの利用

単身パックの利用

スポンサード リンク

単身・一人暮らしの場合、大手物流業者がおこなっている単身パックを利用することができます。これは、専用のボックスに荷物を積み込み、他のお客様の荷物や一般の荷物と混載することでコストを削り、料金を安くするプランです。

単身パックは格安で引越しできる

単身パックは、極力コストを削っているため、非常に安い料金です。単身パックは、実質的には長距離混載便の一種です。このため、長距離混載便と同様に、トラックのドライバーの人件費、トラックの燃料代、高速料金などの費用を他のお客様と分担することで、料金を安く抑えることができます。また、単身パックは、単受に荷物を運ぶだけの引越しであるため、余分なサービスがなく、その点でも、料金が安くなります。

ただし、単身パックには、これらのメリットがある裏返しとして、逆のデメリットもあります。まず、単身パックは、大型のトラックで複数のお客様の荷物を混載して運ぶため、常に大型のトラックで引越しの荷物や貨物を運送している物流システムがなければできません。このため、基本的には、大手物流兼業業者しか扱っていません。ということは、いわゆる相見積もりがほとんどできません。また、梱包については、お客様ご自身でしなければなりません。

荷物が少なめなら案外大丈夫

1つ当たりの単身パックの専用のボックスの容量は、引越し業者によりますが、だいたい2~4㎡程度です。この容量では、冷蔵庫・洗濯機と数個のダンボール等の小型の荷物、布団程度の荷物であれば、十分に収まります。つまり、たいていの単身・一人暮らしの荷物の量であれば、特に問題なく利用できます。

ただし、単身パックの専用BOXの1辺の長さは、せいぜい長くても1メートル強です。このため、幅の広い家具は収まらない可能性があります。この点、スチールラック・メタルラックのように分解できるものであれば、分解することで対応できますが、分解できないような家具がある場合は、単身パックを利用できない可能性があります。このような場合は、家具・大型家電製品のみの引越しも検討してみてください。

処分・買い換えを検討

単身・一人暮らしの場合は、新居で新生活が始まることが多いと思います。これを機会に、老朽化した荷物(特に家電製品)や不要な家具などを処分・買い換えすることも検討してください。そうすることで、荷物が多めな場合であっても、単身パックを利用できるようになります。

なお、引越し業者によっては、有料で不用品の引取りサービスをおこなっている業者もあります(ただし、料金は地方自治体よりも高い傾向があります)。特にリサイクル4品目や粗大ごみ・家具など、運ぶ手間がかかるものについては、手間が省けて便利です。

他の見積もりも併せて検討

荷物が多めな場合は、単身パックの専用ボックスが2つ以上使わなければならない可能性があります。この場合、通常の基本プランや長距離混載便を利用したほうが、結果的に安くなることもあります。このため、併せて他のプランの見積もりも検討してください。

なお、すでに述べたとおり、単身パックは、実質的には長距離混載便の一種です。この点、単身パックと長距離混載便のどちらであっても、引越し業者の対応やお客様ご自身がするべき準備は、あまり変わりまん。このため、両者の条件は、非常に比較しやすいです。ですから、単身パックの利用が難しいようでしたら、長距離混載便の利用も検討してみてください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日