家具・大型家電製品のみの引越しの注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > 単身・一人暮らしの引越し > 家具・大型家電製品のみの引越しを利用

家具・大型家電製品のみの引越しを利用

スポンサード リンク

単身・一人暮らしで大型家具・大型家電をお持ちの場合は、単身パックを利用できません。しかし、普通のプランでは、料金は割高です。このような場合は、家具・大型家電製品のみの引越しプランの利用を検討してください。

家具・大型家電は引越し業者・小物はお客様

家具・大型家電製品のみの引越しは、引越し業者に家具や大型家電などのお客様ご自身が運べない荷物のみを運んでもらうプランです。小型の荷物の運搬は、別途で運ぶことになります。荷物の量が限られているため、料金は安く、予算に限りがあるお客様には向いているプランです。

なお、小型の荷物については、基本的には、お客様ご自身が運ぶことになります。この際、一般的には、自家用車やレンタカーのトラックを利用します。このため、料金そのものは比較的安くなるものの、お客様の負担が大きくなります。そういう意味では、あまり女性や高齢者にはおすすめできないプランです。

基本的には近場への引越し限定

すでに述べたとおり、小型の荷物をお客様ご自身で梱包して運搬する場合、自家用車やレンタカーを使うことになります。このため、基本的には、搬入先までの距離が短い場合に利用できるプランです。もっとも、お客様が自家用車の長距離の運転に慣れている場合や、レンタカーの乗り捨てができる場合は、長距離の場合でも利用できるプランです。

なお、遠距離の場合には、単身パックや長距離混載便などを利用することで、別途で引越し業者に小型の荷物を運んでもらうことができます。ただ、家具・大型家電製品のみの引越しプランと、単身パックまたは長距離混載便との2つのプランを併用するわけですから、結局割高になってしまうこともありえます。このため、普通の基本プランや長距離混載便のみの利用も併せて検討してみてください。

レンタカーの値段と相談

自家用車をお持ちの場合は、往復して小型の荷物を運ぶことができます。しかし、そうでない場合は、レンタカーを利用することになります。この際、意外とレンタカーが高くつくことがあります。結局、すべて引越し業者にまかせたほうが安い場合があります。このため、よく日程を検討して、レンタカーの料金が安くなるような日程を組まなければなりません。

特に、意外に小型の荷物が多い場合や旧居と新居の距離がある場合は、1日で作業が終わらないことがあります。この場合、自家用車をお持ちであれば、特に日程を気にすることなく小型の荷物を運ぶことができます。しかし、レンタカーで小型の荷物を運ぶ場合、1日で運びきらないと、結果として、2日分以上のレンタカーの料金を払うことになりかねません。

引越し業者から断られる場合や時間の指定ができない場合も

家具・大型家電製品のみのプランは、引越し業者にとっては、あまり利益が多くないプランです。特に、単身・一人暮らしの家具・大型家電製品の数はあまり多くはないため、ことのほか利益がないプランです。このため、繁忙期などの他のお客様からの依頼が多い時期は、引越し業者から断られることもあります。

また、引越し業者に引き受けてもらうことができたとしても、時間の指定ができない場合もあります。すでに述べたとおり、引越し業者にとっては、家具・大型家電製品のみの引越しプランは、利益が多くありません。このため、他の利益が多いプランに優先的にトラックを配車されてしまいます。このため、ある程度引越し件数が少なく、かつトラックが余っている状況でもない限り、時間の指定はできません。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日