軽貨物業者・軽トラックの業者の注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > 単身・一人暮らしの引越し > 軽貨物業者・軽トラックの業者の利用

軽貨物業者・軽トラックの引越し業者の利用

スポンサード リンク

荷物の量によっては、単身・一人暮らしの場合は、軽貨物業者(軽トラックで作業する業者)の利用が最適な場合があります。軽貨物業者は、価格がかなり安い(遠距離の場合を除く)ため、予算に限りがある場合は、検討してみてください。

非常に安い料金体系

軽貨物業者は、料金的には、かなり安いです。引越し業者にもよりますが、容量あたりの料金では、単身パックと同程度の料金です。このため、予算に限りがある単身・一人暮らしのお客様の場合は、まず検討してみるべきです。

ただし、長距離の引越しの場合は、トラックの高速料金、トラックの燃料代、作業員の人件費などの費用が発生します。軽貨物業者を利用する場合、1台のトラック、1人の作業員を終日拘束することになりますので、これらの費用は、すべてお客様1人で負担することにあります。こうなると、軽貨物業者の利用も割り高になります。このため長距離の引越しのは、単身パックや長距離混載便などの利用を検討してみてください。

必ず専業の引越し業者を利用する

軽貨物業者を利用する場合は、必ず引越しを専業としている業者を選んでください。というのも、軽トラックで引越しのサービスをしている業者のなかには、引越しを専業としていないところもあります。具体的には、貨物配送や便利屋などです。このような専業業者以外の業者では、作業の技術・能力・専用資材などの点で、問題がある可能性があります。

特に、単身・一人暮らしの場合、荷物の量によっては、軽トラックにギリギリ積み切れるかどうか、という微妙な状況になります。この際、引越しを専業としていない軽貨物業者の場合、ドライバーが積み込みに慣れてないため、荷物を積み切れない可能性があります。このようなことがないように、引越し専業の軽貨物業者を利用してください。

梱包は自分でする

業者にもよりますが、軽貨物業者は、通常は梱包のサービスをおこなっていません。このため、小物のダンボールへの梱包については、お客様ご自身がおこなうことになります。なお、家具などの大型の荷物については、それぞれの軽貨物業者によって対応がことなります。

なお、お客様がダンボールで荷物を梱包した場合に、その梱包のミスによって中身が破損したときは、お客様の「故意又は過失」として、補償対象外となります(標準引越運送約款第23条第8号)。ですから、よほど乱暴な扱いを受けない限り、ダンボールの中身の損壊については、補償されないものと思ってください。

ダンボールのサイズを揃える

小型の荷物を梱包する際は、なるべくダンボールのサイズを統一して整えてください。軽貨物業者は軽トラックを使っていますので、非常にスペースが少ないです。ところが、サイズがバラバラのダンボールを使った場合、ただでさえ少ないスペースが、さらに無駄になってしまうことがあります。このため、スペースを無駄にしないためにも、ダンボールのサイズを統一します。

なお、この点は、特に自前でダンボールを用意する際に注意してください。ダンボールを購入する場合は特に問題ないと思われますが、スーパーなどで無料で配布されているダンボールの場合は、どうしてもサイズがバラバラになってしまいがちです。このようなことがないように、なるべく同じ規格のダンボールを揃えるようにしてください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日