1.5トン トラックとドライバーの注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > トラックの種類 > 1.5トン トラック

1.5トン トラック

スポンサード リンク

1.5トン トラックは、引越し業者が使っているトラックとしては、最も小さなサイズのトラックです。2トンショートと呼ばれることもあります。主に一人暮らし・単身者の引越しや家族の引越しの補助車両に使われます。なお、ドライバーの経験は比較的浅いです。

主に単身用・補助車用

1.5トン トラックは、荷台の容量・サイズが約10㎡です。主に一人暮らし・単身者用の引越しに使われるトラックです。1.5トン トラックは、大型の家具やダンボールの荷物がよほど多くない限り、1台でたいていの一人暮らし・単身の引越しの荷物を積み切ることができます。また、荷物が少ない場合は、夫婦・カップルの2人世帯の荷物も運ぶこともできます。

また、1.5トン トラックは小回りが利くため、サイズが大きいトラックの補助車両としても使われます。また、大型車が入れない狭い現場では、荷物の積み替える車両としても使われます。さらに、狭くて移動距離が短い現場では、ピストン引越しにも使われます。このように、1.5トン トラックは、ありとあらゆる状況で使われるトラックです。

ドライバーが最初に乗るトラック

1.5トン トラックは、通常の引越し業者のトラックとしては、最もサイズが小さいトラックです。このため、トラックの運転や積み込み作業に慣れるために、一番最初にドライバーが乗るトラックです。具体的には、アルバイトの新米チームリーダーが最初に乗ります。

引越し業者のドライバーは、1.5トン トラックで、あらゆる現場での作業を経験します。そして、繁忙期を乗り切って、ようやく1人前のリーダーとして認められます。このため、1.5トン トラックに乗っているドライバーは、人手が余る閑散期を除いて、比較的経験が浅いドライバーと考えてください。

新米ドライバーの作業全般に注意

上記のように、1.5トン トラックは、たいていは若手の新米チームリーダーがドライバーを担当します。地域や支店・営業所の方針にもよりますが、たいていはある程度経験を積んだ、免許を持った大学生やフリーターなどのアルバイトがドライバーをしています。ですから、ドライバー兼チームリーダーとしての作業全般の経験が浅いことがあります。

特に繁忙期には、人手が足りず、未経験の作業員が初めてドライバー兼チームリーダーを務めることがあります。また、繁忙期の直前にドライバー兼チームリーダーとしての育成のために、それまで未経験であった作業員がドライバー兼チームリーダーを務めることがあります。このため、11月~4月後半頃までは、1.5トン トラックのドライバーの作業には注意してください。

雨漏り・内装に注意

1.5トン トラックは、通常のコンテナ式のトラックとビニール製や布製の幌式のトラックの2種類があります。このうち、幌式のトラックの場合は、ビニール製や布製の幌は当然防水性ですので、雨が降っても問題はありません。ただし、経時劣化によって、雨漏りすることがあります。このため、古いトラックの場合は、雨漏りに注意してください。

また、幌式のトラックは、コンテナ式のトラックと違って、内壁が金属・木や骨組みがむき出しになっています。このため、内壁に家具や大型家電製品が直接触れてしまうと、キズや凹みがつくことがあります。特に、背の高い家具や大型家電製品は、上半分の部分がトラックの金属製の骨組みに当たることがありますので、凹みに注意してください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日