2トン トラックとドライバーの注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > トラックの種類 > 2トン トラック

2トン トラック

スポンサード リンク

2トン トラックは、引越し業者が使っているトラックとしては、二番目に小さなサイズのトラックです。2トン標準、2トンロングなどと呼ばれることがあります。2トン トラックは、主に荷物の多い一人暮らし・単身者や夫婦・カップルなどの2人世帯用です。なお、ドライバーの経験は比較的豊富です。

主に単身用・夫婦2人世帯用

2トン トラックは、荷台の容量・サイズが約15㎡です。主に単身者・夫婦2人世帯の引越しで使用するトラックです。2トン トラックは、大型の家具やダンボールの荷物がよほど多くない限り、1台でたいていの一人暮らし・単身や夫婦・カップルの2人世帯の引越しの荷物を運ぶこともできます。また、かなり荷物が少ない場合は、夫婦と子供1人の3人世帯の家族の引越しの荷物も運ぶこともできます。

また、2トン トラックはサイズが大きいトラックの補助車両としても使われます。また、大型車が入れない狭い現場では、大型車に引越しの荷物を積み替える車両としても使われます。さらに、狭くて移動距離が短い現場では、ピストン引越しにも使われます。このように、2トン トラックは、1.5トン トラック同様に、ありとあらゆる引越しの状況で使われるトラックです。

若手・ベテランチームリーダーのドライバー

2トン トラックは、若手からベテランまで、幅広い経験のチームリーダーがドライバーを務めます。具体的には、契約社員、ベテランのアルバイトなどが務めます(まれに正社員がドライバーを務めることもあります)。いずれも、1.5トン トラックのドライバーとして長く経験を積んだうえで2トン トラックを運転しています。

引越し業者のドライバーは、まず1.5トン トラックで、あらゆる現場での作業を経験します。このドライバーの中で、1人前として認められた者だけが、2トン トラックを運転させてもらえます。2トン トラックのドライバーを務めるには、長い期間の経験が必要で、1年や2年の経験では、ドライバーは務まりません。このため、2トン トラックのドライバーは、かなり経験が豊富であると考えてください。

ドライバーの作業は比較的安定だが車両事故に注意

上記のように、2トン トラックは、1.5トン トラックのドライバーを長く務め上げた作業員が運転しています。たいていは契約社員か、かなりの経験を積んだ大学生やアルバイトがドライバーをしています。ですから、作業全般の経験が比較的豊富で、ドライバーの引越しの作業そのものは安定していることが多いです。

なお、2トン トラックはホイールベースが長く、実はサイズのわりには小回りが利きません。ところが、トラックのサイズ自体は小さいため、道路が狭い現場で作業することがあります。このような狭い道路を通るような現場の場合は、2トン トラックによる車両事故に注意してください。

1台の場合は他の作業員の作業に注意

2トン トラックは3人乗りです。このため、2トン トラックが1台のチーム編成の場合は、ドライバー兼チームリーダー1人と、1~2人の作業員の合計2~3人のチーム編成となります。通常、2~3人のチームの場合、引越し業者はドライバー兼チームリーダー以外は、アルバイトか派遣社員で編成して、サブリーダーを配属しません。

このため、ドライバー兼チームリーダー以外の作業員は、あまり作業に期待できません。もちろん、ドライバー兼チームリーダーは、1人~2人の作業員を指揮する程度でしたら、サブリーダーなしでも問題なく作業することができます。ただ、トラックの荷台で作業をしている場合は、他の作業員に目が行き届かなくなりますので、作業効率の低下や事故の発生に注意してください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日