2.5トン トラックとドライバーの注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > トラックの種類 > 2.5トン トラック

2.5トン トラック

スポンサード リンク

2.5トン トラックは、引越し業者が使っているトラックとしては、ちょうど真ん中のサイズのトラックです。2トンワイドと呼ばれることがあります。主に夫婦と子供1人の3人世帯の家族用です。なお、ドライバーの経験はかなり豊富です。

主に夫婦2人と子供1人の家族用

2.5トン トラックは、容量・サイズが約20㎡です。主に夫婦と子供1人の3人世帯の家族用のトラックです。2.5トン トラックは、大型の家具やダンボールの荷物がよほど多くない限り、1台でたいていの夫婦・カップルの2人世帯や夫婦と子供1人の3人世帯の家族の荷物も運ぶこともできます。また、かなり荷物が少ない場合は、夫婦と子供2人の4人世帯の家族の荷物も運ぶこともできます。

2.5トン トラックは、たいていは1台で運用されます。ただし、かなり荷物が多い家族の引越しの場合は、補助車両を伴っている場合もあります。この場合は、1.5トン トラックや2トン トラックを補助車両とすることが多いです。なお、まれに3トン トラックや4トン トラックの補助車両となることもあります。

ベテランチームリーダーのドライバー

2.5トン トラックは、経験豊富なベテランのチームリーダーがドライバーを務めます。具体的には、契約社員、ベテランのアルバイトなどが務めます(まれに正社員がドライバーを務めることもあります)。いずれも、2トン トラックのドライバーとして長く経験を積んでいます。

2.5トン トラックのドライバーは、2トン トラックのドライバーとしてかなりの経験を積んだ者が務めます。このため、相当長い経験を積んでいなければなりません。また、2.5トン トラックが配属されるような引越しの現場のドライバーには、かなりの重い責任が伴います。このような事情から、実質的には、契約社員やそれに準ずるくらい豊富な経験があるアルバイトにしかドライバーは務まりません。

ドライバーの作業は比較的安定だが車両事故に注意

上記のように、2.5トン トラックは、2トン トラックのドライバーを長く務め上げた作業員が運転しています。たいていは契約社員かかなりの経験を積んだ常勤に近いアルバイトがドライバーをしています。相当の期間の経験が必要ですから、大学生やフリーターにはまず務まりません。ですから、作業全般の経験がかなり豊富で、作業そのものは安定していることが多いです。

なお、2.5トン トラックはホイールベースに対して幅が広く、実は2トン トラックよりも小回りが利きます。このため、意外に狭い現場に配車されることもあります。ところが、トラックのサイズ自体は比較的大きいため、車両事故が発生することもあります。このような狭い道路を通るような現場の場合は、車両事故に注意してください。

1台の場合は他の作業員の作業に注意

2.5トン トラックは3人乗りです。このため、2.5トン トラックが1台のチーム編成の場合は、ドライバー兼チームリーダー1人と、1~2人の作業員の合計2~3人のチーム編成となります。通常、2~3人のチームの場合、引越し業者はドライバー兼チームリーダー以外は、アルバイトか派遣社員で編成して、サブリーダーを配属しません。

このため、ドライバー兼チームリーダー以外の作業員は、あまり作業に期待できません。しかも、2トン トラックの場合と違って、2.5トン トラックが配車されるような現場は、大型の家具や家電製品があるため、事故の発生率も上がります。このため、大型の家具や家電製品の接触による事故に注意してください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日