3トン トラックとドライバーの注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > トラックの種類 > 3トン トラック

3トン トラック

スポンサード リンク

3トン トラックは、一般的な引越し業者が使っているトラックとしては、二番目に大きなサイズのトラックです。主に夫婦と子供2人の4人の世帯の家族用です。なお、ドライバーの経験はかなり豊富です。また、3トン以上のサイズのトラックからは、正社員がドライバーを務めます。

主に子供1~2人の家族用

3トン トラックは、容量・サイズが25㎡弱です。主に夫婦と子供2人の4人の世帯の家族用の引越しで使用するトラックです。3トン トラックは、大型の家具やダンボールの荷物がよほど多くない限り、1台でたいていの夫婦と子供2人の4人の世帯の家族の荷物を運ぶことができます。

また、4トン トラックが入らないような比較的狭い場所では、3トン トラックに加えて、補助車両として、1.5トン トラックや2トン トラック(まれに2.5トン トラック)を伴っていることがあります。このような場合は、1世帯分の家族の引越しの荷物であれば、たいていの荷物を運ぶことができます。

ドライバーは若手・ベテランの正社員

3トン トラックは、経験豊富なベテランのチームリーダーがドライバーを務めます。しかも、ほとんどの場合は、正社員がドライバーを務めます(まれに契約社員がドライバーを務めることもあります)。このサイズのトラックになると、引越し業者は、アルバイトに運転させることはほとんどありません。

3トン トラックのドライバーは、2.5トン以下のトラックのドライバーとしてかなりの経験を積んでいます。3トン トラックは、上記のように、たいていの場合は家族の引越しに使われます。また、車両のサイズも大きいため、車両事故が発生した場合は、甚大な被害が発生する可能性もあります。このため、3トン トラックのドライバーには、非常に重い責任が課されます。このような責任を果たすため、ドライバーは、正社員が務めます。

ドライバーの作業や運転は安定

上記のように、3トン トラックはのドライバーは、正社員として、日常的に引越しの作業をしています。しかも、単身者の引越しではなく、少なくとも、世帯単位・家族単位の引越しで、たくさんの荷物を毎日扱っています。このため、作業全般の経験が豊富で、作業そのものは非常に安定しています。

また、一般的に3トン トラックが配車されるような現場は、荷物が多いため、建物の規模も大きい傾向があります。このためで、比較的道幅が広いことが多く、慣れている正社員の運転では、車両事故は発生しにくいといえます。ただし、まれに住宅街や城下町などでは、非常に狭い場所を通ることがありますので、このような場合は、車両事故に注意してください。

1台の場合はサブリーダーの作業に注意

3トン トラックは3人乗りです。このため、3トン トラックが1台のチーム編成の場合は、ドライバー兼チームリーダー1人と、2人の作業員の合計3人のチーム編成となります。通常、3トン トラックの荷物の量で3人のチームの場合、引越し業者はサブリーダーを配属します。ただし、このサブリーダーは、たいていの場合は、トラックのドライバーまでは務めていない、経験が浅いサブリーダーですので、注意が必要です。

また、繁忙期や土日のように、引越しの件数が多い時期は、サブリーダーがつきません。このような場合は、ドライバー兼チームリーダー以外の作業員は、あまり作業に期待できません。しかも、3トン トラックの荷物は、3人で運ぶ荷物としてはかなり負担が大きい量といえます。たいていの場合は、大型の家具や家電製品があるため、事故の発生率も上がります。このため、大型の家具や家電製品の接触による事故に注意してください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日