4トン トラックとドライバーの注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > トラックの種類 > 4トン トラック

4トン トラック

スポンサード リンク

4トン トラックは、一般的な引越し業者が使っているトラックとしては、最も大きなサイズです。主に夫婦と子供2人以上の4人以上の世帯の家族用です。なお、ドライバーは、支店・営業所でも一番の経験者・実力者です。また、正社員がドライバーを務めます。

主に子供2人~の家族・2世帯用

4トン トラックは、容量・サイズが約30㎡です。主に夫婦と子供2人以上の4人以上の世帯の家族用のトラックです。4トン トラックは、1台でたいていの夫婦と子供2人以上の4人以上の世帯の家族の荷物を運ぶことができます。

また、4トン トラックに積み切らない荷物がある場合は、補助車両として、1.5トン トラックや2トン トラック(まれに2.5トン トラック)を伴っていることがあります。このような場合は、1世帯分の家族の荷物であれば、たいていの荷物を運ぶことができます。また、荷物の量にもよりますが、2世帯分の荷物も運ぶことができます。

ドライバーは実力№.1のベテラン正社員

4トン トラックは、たいていの支店・営業所には、1台しかありません。このため、支店でも最も経験が豊富で実力があるベテランのチームリーダーがドライバーを務めます。しかも、正社員がドライバーを務めます。このサイズのトラックになると、引越し業者は、契約社員やアルバイトに運転させることはほとんどありません。

4トン トラックのドライバーは、3トン以下のトラックのドライバーとしてかなりの経験を積んだでいます。また、4トン トラックは、支店・営業所のなかで、1番目か2番目に荷物が多い現場に配車されます。また、車両のサイズも大きいため、車両事故が発生した場合は、甚大な被害が発生する可能性もあります。このため、ドライバーには、非常に重い責任が課されます。このような責任を果たすため、ドライバーは、支店・営業所でも1番の経験者・実力者の正社員が務めます。

ドライバー・サブリーダーの作業は安定

上記のように、4トン トラックは、支店・営業所で最も経験豊富で実力がある正社員が運転します。しかも、かなり多めの世帯単位の荷物を毎日扱っています。このため、作業全般の経験がかなり豊富で、作業そのものは非常に安定しています。

また、4トン トラックは4人乗りです。このため、4トン トラックが1台のチーム編成の場合は、ドライバー1人と、3人の作業員の合計4人のチーム編成となります。通常、4人のチームの場合、引越し業者は、ドライバー兼チームリーダーに加えて、サブリーダーも配属させます。荷物が多い家族用の引越しであり、料金も高くなる傾向が多いため、引越し業者は、比較的優秀なサブリーダーを配属させます。

下請け業者の場合は積み込み作業に注意

4トン トラックは、まれに下請け業者のトラックであることがあります。この場合、その下請け業者は、物流業者であることもあります。物流業者は引越しの作業(特に荷台での積み込み作業)に慣れていないことがあります。このため、引越し業者のデザイン、ロゴ、キャラクターと違う4トン トラック(=下請け先のトラック)の場合は、注意してください。

特に繁忙期の場合、引越し業者は、自社のトラックの足りず、物流業者の4トン トラックを手配することがあります。これに新米ドライバー兼チームリーダーが運転する1.5トン トラックを補助車両として配車します。このような場合は、4トン トラックのドライバーは物流業者で引越しの経験がほとんどなく、1.5トン トラックのドライバーは経験が浅い、という状況になりかねません。このため、特に繁忙期には、注意してください。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日