営業員・管理職の特徴と注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > 作業員の種類 > 営業員・管理職

営業員・管理職

スポンサード リンク

時期や状況によっては、営業員や管理職が現場で作業することがあります。引越し業者にもよりますが、能力的には、さほど問題はありません。ただし、営業員・管理職は、通常は現場には出ていませんので、正社員や契約社員の作業員ほど期待はできません。

比較的安定した能力の作業員

引越し業者の営業員は、通常、一定期間、作業員(主にチームリーダーやドライバー)としての研修を受けます。というのも、営業員は、現場での作業経験、特にトラックへの積み込みの経験がないと、見積もりをできないからです。また、管理職や一部の営業員は、もともと作業員であった人が転属してなることがあります。ですから、一定水準以上の能力を期待することができます。

ただし、これは、あくまでアルバイトや派遣社員と比較したうえでの話です。営業員や管理職の中には、作業員に向いていないから転属する、ということがあります。また、ケガや年齢が原因で作業員として作業できなくなったからこそ、営業職や管理職に転属するケースもあります(意外に多いです)。このため、正社員や契約社員のように、毎日現場に出ている作業員に比べると、能力的には見劣りします。

繁忙期のみに活躍

営業員や管理職は、繁忙期(2月下旬~4月下旬)に活躍することがあります。特に繁忙期の後半(3月下旬~4月中旬)は、見積もりの依頼が一段落しているため、営業員が現場で作業することがあります。ただ、だからといって、仮にお客様の見積もりをした営業員が作業員として来た場合であっても、あまり喜ばしいこととはいえません。

というのも、引越し業者としては、営業員や管理職が現場に出なければならない状態というのは、緊急事態といっていいほどの人手不足だからです。このため、後述の営業員が作業員を兼ねている引越し業者を除いて、非常に作業員の質が落ちている可能性があります。このため、現場に来てくれた営業員以外は、全員アルバイト・派遣社員という可能性もありますので、注意してください。

年配の社員に注意

いくら研修を受けたり、作業員から転属したりしているとはいえ、営業員や管理職は、日頃は現場での作業の第一線を退いています。特に、体力が落ちている点や感覚が鈍っていることが、非常に問題です。このため、年配の営業員や管理職には注意が必要です。

また、長期間現場を離れていると、段取りを忘れることがあります。また、現場を離れている間に蓄積されていた引越し業者のノウハウを覚える機会がありません。当然ながら、最新の資材の使い方などもよくわからないことがあります。若い営業員や管理職であれば、これらのブランクを埋めることはそう大変ではありませんが、年配の営業員や管理職ではれば、非常に大変です。このため、年配の営業員や管理職には、特に注意してください。

引越し業者によっては営業と作業を兼ねることも

引越し業者では、基本的には営業員と作業員を分けています。というのも、必要とされる能力に共通した部分もありますが、基本的には、それぞれの職種に必要とされる能力に違いが多いからです。ただ、引越し業者によっては、ひとりで営業員と作業員(主にチームリーダー)とを兼ねている場合もあります。

このような場合、作業専門の作業員と比べて能力に劣る可能性がある、というデメリットがあります。引越し業者の作業員としての能力は、現場での経験で培われるものです。このため、営業員と作業員を兼ねている場合は、必然的に作業員としての経験が少なくなり、結果として、作業員としての能力が劣る可能性もあります。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日