契約社員の特徴と注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > 作業員の種類 > 契約社員

契約社員

スポンサード リンク

契約社員とは、弊サイトでは、直接雇用をされている常用でない月給制の作業員のことをいいます。契約社員は、正社員に次いで経験豊富で能力が高い作業員です。引越しの際に契約社員が作業してくる場合は、安心できます。

正社員に次ぐ高い能力の作業員

引越し業者の契約社員は、すべての作業ができる、正社員に次いで能力が高い社員です。常用雇用ではありませんが、一部の閑散期を除いて常に作業をしていますので、経験も豊富です。このため、引越し業者の作業員としては、最も安心・信頼できる作業員であるといえます。

また、契約社員は、チームリーダーとして、他の作業員の指揮にも慣れています。契約社員は、正社員と同じように、すべての作業の行程を熟知していて、作業員としての経験も豊富ですので、作業全体についての指揮命令ができます。このため、他の作業員に対して、正社員と同じか、それに準じるくらい的確に指示を出すことがでできます。

すべての引越しで活躍

契約社員は、正社員に次いで能力が高いため、正社員の次に困難な現場を、ドライバーやチームリーダーとして担当します。また、月給制ではあるものの、正社員よりは人件費が安いため、引越し業者としては、顧客単価が多少低いお客様の現場も担当させます。このため、たいていの引越しの現場を担当します。

ただし、引越し業者にとって利益が少ない単身・一人暮らしの現場はあまり担当しません。このような現場は、たいていは人件費が安いアルバイトのチームリーダが担当します。このため、単身・一人暮らしの場合にどうしても正社員による作業を希望する場合は、閑散期(1月、2月前半、6月、10月、11月)の平日を狙ってください。

正社員に比べると職業倫理に劣ることも

契約社員は、正社員とは違って、基本的には現場での作業しか職務としていません。これに加えて、正社員とは違って愛社精神や会社への帰属意識が低いこともあります。このため、一部には職業倫理に劣るような契約社員もいます。

極端な場合は、勤労意欲が乏しく、作業が雑になる契約社員もいます。このような契約社員がチームリーダーとして現場を指揮した場合は、事故が発生しやすくなるようなことまではありませんが、作業効率が悪く、意外に引越しに時間がかかることがあります。また、まれに態度が横柄であったり、マナーが悪い契約社員もいます。

配属された別の作業員に注意

契約社員は、正社員と違って、労務管理について厳しい指導を受けていないこともあります。このため、場合によっては、契約社員が不適切な作業員の指揮命令をすることがあります。この場合、契約社員と同じチームに配属された作業員(特にアルバイトや派遣社員)との関係に注意が必要です。特に、契約社員によるパワハラやモラハラに気をつけてください。

パワハラやモラハラは、事故の原因となります。特にありがちなのが、契約社員が作業員に対して、明らかに無理な作業を強要することです。引越しの作業ができる・できないは、体力と経験によって決まります。「頑張ればなんとかなる」とか「気合・根性でなんとかなる」というものではありません。その日のうちにできない作業は、どう頑張ってもできるものではありません。このため、無理な作業を作業員に強要すると、重大な事故のつながる危険性があります。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日