アルバイトの特徴と注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > 作業員の種類 > アルバイト

アルバイト

スポンサード リンク

アルバイトとは、弊サイトでは、直接雇用をされている臨時雇いの日給制の作業員のことをいいます。アルバイトは、その人の経験によって、能力にばらつきがあります。

ばらつきのある能力

ひとくちにアルバイトといっても、その能力には、かなりのばらつきがあります。春先の高校生や大学生のように、作業員としても社会人としても未熟なアルバイトもいれば、何年もの引越し業者での勤務経験があって正社員なみの能力のアルバイトもいます。このような事情があるため、「アルバイト」というだけでは、一概に能力が低いとまではいい切れません。

例えば、一見して若くて経験が浅いようなアルバイトであっても、大学3年~4年くらいのアルバイトであれば、大学1年から継続してアルバイトをしていれば、かなりの経験を積んでいます。このため、チームリーダーやトラックのドライバーを務めることができます。逆に、中高年だからといって、必ずしも経験を積んでいるわけではありません。単にリストラされてやむを得ずアルバイトをしている場合もあります。

アルバイトなしの引越しはありえない

たまにアルバイトによる作業に嫌悪感を持つお客様がいらっしゃいます。確かに、アルバイトによる作業は、事故の発生率が高いため、お気持ちは理解できます。特に経験の浅いアルバイトは、まさに素人同然であり、まったくといっていいほど作業には期待できません(もっとも、自発的にアルバイトに応募してきていますので、派遣社員よりは意欲があるかもしれませんが)。

ただ、季節による繁閑と日本の労働法制の実態を考慮すると、現在の日本では、アルバイトなしの引越しはありえません。ですから、どのような場合であってもアルバイトはいるものと思ってください。どうしてもアルバイトによる作業を避けたい場合は、閑散期(1月、2月前半、6月、10月、11月)の平日に、作業員を正社員・契約社員に限定して引越しをしてください。ただし、この場合、当然ながら人件費が相当高額になりますので、注意してください。

高い離職率と定着しない技術

引越しのアルバイトは、体力的にも精神的にも非常にキツイものです。その割には、業者間の価格競争が激しいため、あまり給料がいいとはいえません。このため、非常に離職率が高く、また、作業員個人の技術も定着しません。

このような状態であるため、チームーリーダーには、いわば「素人」であっても上手く使いこなせるだけの指揮能力が必要とされます。特に繁忙期の場合は、チームリーダー以外は、全員経験がまったくないアルバイト、というチーム編成が当たり前になります。このため、アルバイト本人の作業にも注意が必要ですが、同じように、チームリーダーの指揮(特に無理させていないかどうか)に気をつけてください。

時期によって注意が必要

時期によっては、アルバイトの作業員ですら足りなくなる時期があります。特に、4月は、学生(高校生・大学生)の授業が始まります。学生は、引越し業者にとっては、非常に重要なアルバイトです。特に2月後半~3月の繁忙期を乗り切った学生アルバイトは、十分に戦力として期待できる存在です。この学生アルバイトが授業で抜けてしまう4月は、非常に人材が薄くなり、チーム全体の作業員の能力が著しく低下します。

このような事情に加えて、4月は、学生アルバイト以外の作業員全員に疲れが溜まっていて、思うように体が動かなることがあります。これらの事情から、4月(特に前半)の平日は、1年で最も事故が発生しやすい時期であり、引越しには最もおすすめできない時期です。このため、なるべくこの時期での引越し業者の利用は避けるべきです。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日