系列会社社員の特徴と注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > 作業員の種類 > 系列会社社員

系列会社社員

スポンサード リンク

系列会社社員とは、大手専業業者や大手物流兼業業者の子会社、親会社、関連会社の社員です。系列会社社員は、その人が所属する会社や経験によって、能力にばらつきがあります。

ばらつきのある能力

大手専業業者や大手物流兼業業者には、系列会社に物流に関連する会社を抱えている場合がほとんどです。これらの系列会社の社員は、繁忙期を中心に、引越しの作業をおこなうことがあります。その系列会社の業務内容やその人の経験によって、能力にばらつきがあります。

特に注意しなければならない点は、繁忙期のトラックのドライバーです。繁忙期の場合、引越しの件数が増えるため、トラックが不足します。このため、引越し業者は、系列会社や下請け会社からトラックを調達します。このトラックのドライバーの能力によっては、トラックの積み込みによって事故が発生します。

大手専業業者の場合

大手専業業者の場合は、主に長距離の引越し専用の物流業者を子会社として抱えていることがあります。このような物流業者は、普段は長距離の引越しの荷物を運んでいて、閑散期には、他の荷物の物流業務をおこなっています。これは、引越しの件数が多い大手専業業者ならではの特徴です。

このように、大手専業業者の系列会社の社員にとっては、引越しが主力業務であす。当然ながら、系列会社の社員は、引越しの作業に慣れていることが多いです。このため、トラックへの積み込み作業はもちろんのこと、室内作業でも活躍してくれます。体力や経験も正社員と遜色がないレベルですので、期待できます。

大手物流兼業業者の場合

大手物流兼業業者の場合は、引越しを主力業務としている部門や会社でない以外の系列会社は、すべて物流に関連した会社です。このような会社では、当然ながら普段は物流業務しかおこなっておらず、引越し業務は、繁忙期くらいしかおこないません。

このように、大手物流兼業業者の系列社員にとっては、引越しは主力業務ではありません。当然ながら、系列会社の社員は、引越しの作業に慣れていないことがあります。このため、能力として、体力や腕力以外は、はあまり期待できません。

特に積み込み作業に注意

系列会社社員は、大手専業業者のものを除いて、物流業務をおこなっている会社のトラックのドライバーであることが多いです。この場合、トラックの積み込み作業に注意が必要です。引越しの荷物の積み込み作業はパズルのようなもので、単純な物流の積み込み作業よりも遥かに難しい作業です。下手に積み込んでしまうと、荷崩れが起こったり、やダンボールが潰れたりして、事故のつながることがあります。

また、トラックのドライバーは、単純に荷台で積み込み・荷降ろしの作業をしていればいい、というわけではありません。特に、搬入作業では、全体の作業の中で、適切なタイミングで、適切な荷物を流すように配慮するく必要があります。このような配慮に欠けていると、作業効率が低下して、結果として非常に時間がかかってしまうことがあります。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日