業務委託先・下請け先の特徴と注意点

現在の閲覧ページ

トップページ > 作業員の種類 > 業務委託先・下請け先

業務委託先・下請け先

スポンサード リンク

業務委託先・下請け先とは、業者から運送を委託・下請けされた「他の運送機関」(標準引越運送約款第5条)です。業務委託先・下請け先の作業員は、能力に問題があることが多く、注意が必要です。

問題がある能力

業務委託先・下請け先にもいろいろとパターンがありますが、通常は、物流専門の運送業者であることが多いです。これらの作業員は、引越しの経験が浅く(場合によっては未経験の場合もあります)、問題があることが多いです。特に、長距離の積み込みの場合は、注意してください。なお、このような業務委託先・下請け先を使ってもらいたくない場合は、その旨を見積もりの際に申し出てください。

また、注意しなければならない点は、繁忙期の場合です。繁忙期の場合、引越しの件数が増えるため、トラックが不足します。このため、引越し業者は、業務委託先・下請け先からトラックを調達します。このトラックのドライバーの能力によっては、トラックの積み込みによって事故が発生します。

トラックをよく見る

物流専門の運送業者の場合、とても住宅街に入れないような大きなトラック(いわゆる大型トラック)を使っていることがあります。このような大型トラックは、建物に横付けできないため、小型のトラックを使って、いちいち荷物を積み替えなければなりません。このため、非常に時間がかかります。

なお、当然ながら、業務委託先・下請け先は、トラックのデザインが引越し業者のものとは違います。また、トラックの車体に記載されている事業者名も引越し業者のものとは違います。このように、トラックの外見だけで、業務委託先・下請け先かどうかの判別ができます。ただし、引越し業者とデザインは一緒で事業者名が違う場合は、系列会社やフランチャイズ加盟店の可能性もあります。

どの作業をしてもらえるのか?

下請け業者のドライバーの中には、トラックの荷台から降りてこない者もいます。業務委託先・下請け先の作業員やドライバーは、本来は、見積書に記載された作業員の数にカウントされています。にもかかわらず、引越し業者と業務委託先・下請け先との契約の関係で、トラックへの積み込み作業以外の作業は、拒否されることがあります。

この場合、何もしなければ、室内作業をおこなわないに業務委託先・下請け先のドライバーのぶんまで高い人件費を払うことになります。ただ、このような場合であっても、業務委託先・下請け先のドライバーに抗議しても意味はありません。このような場合は、チームリーダーや支店・営業所を通じて、ドライバーにも室内作業をしてもらうか、作業員の人件費を値引きしてもらうようにしてください。

積み込み作業に注意

業務委託先・下請け先のドライバーは、トラックの積み込み作業に注意が必要です。引越しの荷物の積み込み作業はパズルのようなもので、単純な物流の積み込み作業よりも遥かに難しい作業です。下手に積み込んでしまうと、荷崩れが起こったり、やダンボールが潰れたりして、事故のつながることがあります。

また、トラックのドライバーは、単純に荷台で積み込み・荷降ろしの作業をしていればいい、というわけではありません。特に、搬入作業では、全体の作業の中で、適切なタイミングで、適切な荷物を流すように配慮するく必要があります。このような配慮に欠けていると、作業効率が低下して、結果として非常に時間がかかってしまうことがあります。

ユーザー支援

最終更新日2014年1月21日